FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  忘れられない風景 ~タンポポと六ヶ所村⑤~

忘れられない風景 ~タンポポと六ヶ所村⑤~

こうして上弥栄村は崩壊した。
最後まで残っていた村の世話役の老夫妻も去り、70戸ほどあった村は日本から完全に消えた。

それから二年後、ボクは、村人たちのその後を追跡調査した。

多くは野辺地、十和田、八戸など青森県内の各地に移住したが、中には、新潟県の大潟村や山形県など県外に出た人たちもいた。
農業を続けている人たちもいたが、農業から足を洗った人も多かった。

ボクたちは、10数人の元村人たちを訪ね歩き、その後の暮らしぶりを一年に渡って取材させてもらった。

人々の移住後も地上げされた土地は手づかずのままで放置されていた。
石油コンビナートの建設の気配などまるでなかった。

上弥栄村には朽ち果てた廃屋が残されおり、見る影もなかったが、村のはずれの小高い山の上に建てられた「上弥栄村開拓の碑」は往年の姿のまま廃村を見守っていた。

ボクたちは、その「上弥栄村開拓の碑」の前に三年振りに村人たちに集まっていただき、小宴を開いたのだった。

原子力発電にかかる費用が取りざたされているが、別の開発名目で費やされたこの種の莫大な費用など、おそらく計上されていないだろうと思う。

まして、人々の苦難の汗や涙はとうていお金に換算できるものでもない。


   「開拓の 碑が知っている 汗の量」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR