FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  忘れられない風景 ~任侠右翼・野村秋介さん③~

忘れられない風景 ~任侠右翼・野村秋介さん③~

野村秋介さんと天皇について話したことがある。

「歴史を振り返れば、どんな国にもヒットラーやスターリンのようなとんでもない暴君が出現する。それは防ぎようのない事実だ。しかし、日本には天皇制という優れた制度がある。天皇に権威だけを持たせ、権力を与えないことによって、諸外国のような一人の暴君による専制政治を阻止する巧みな仕組みだ。権力をコントロールするのは国民だ。天皇制は日本の大切な文化だ」というのが野村さんの考えだった。

ボクは右翼でも左翼でもない。
どちらかと云えばアナーキーに近いが、天皇制については反対の立場をとる。

野村さんの云う理想とは裏腹に、事実、天皇の権威を利用し暴走した日本軍部の独裁政治の体験もある。

日本の文化という面では一理ある。

いま、北朝鮮の金一族は日本に真似て天皇制への移行を目指している。
しかし、脈々と続いてきた日本の天皇制の文化的側面と比して見れば、北朝鮮の企みは容易ではないと思える。

野村秋介さんとはよく話した。
彼は、世間的には前科者ではあったが、他人の命を傷つけることを嫌う、心根の優しい面を持っておられた。

ボクはそんな野村さんが好きだった。


   「人は皆 看板以外の 素顔持ち」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR