ホーム   »  テレビ  »  猥雑さがボクたち制作者のキーワードだ

猥雑さがボクたち制作者のキーワードだ

上品なものも下品なものもすべてを煮込んでしまうナベ。

それは番組の品質とは矛盾しない別の価値観だと思っている。

このナベの猥雑さこそボクたち制作者の立ち位置を明確に示し、時として戒めてもくれるキーワードだとも思っている。

ボクたちの会社のあるこの通りも会社そのものも実に猥雑である。

ボクは当分ここから引っ越しをするつもりはない。

  「これからも 赤い坂道 のろのろと」 


ボクたちの会社名オルタスジャパンのオルタスとは「起源、出発、始まり、誕生、上昇」などを表すラテン語である。

さらに「東方の」などとの意味もあり、会社設立にあたってこの「東方の」というのがボクは気に入って社名とした。

太陽は東から昇る。

アジアの極東ジャパンから情報という光を発信する基地となろう。オルタスジャパン。誠に恐れ多い社名ではあるが、志だけは確かだとの自信はある。

困難に出会う度にこのオルタスという言葉を呪文のように唱える。
初心を忘れるな。初心に立ち戻れ。
そうすればどんなに苦しいことでも乗り切ることができる。

オルタスはボクの原点であり、会社の原点でもある。

  「オルタスの いわれ知らずの 社員いて」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR