FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  忘れられない風景 ~11PM初代プロデューサー・後藤達彦さん④~

忘れられない風景 ~11PM初代プロデューサー・後藤達彦さん④~

後藤達彦さんに膵臓がんだと伝えるべきかどうか悩んだが本人には云い出せないでいた。

それからほどなく、代々木の東海大学付属病院に入院された。

今から思うと最後となったお見舞いの日、後藤さんはベッドにポツリと座っておられた。
「便がフワフワと形にならないんだよ。どうしてかな」と云う。
あれだけ聡明な方でもご自分がガンだと気づかれなかったのだろうか。

立ち去り難く、ほとんどお互い無言のまま3時間ほど過ごした。
どう表現すればよいのか分からない妙な時間だった。
後藤さんも帰れ、とは云わなかった。

その翌日から面会謝絶となった。

葬儀の返礼品のテレホンカードは、白地の中央にハの字の黒いリボンがかけられたテレビの受像機。
そのブラウン管には大きく「完」の文字。
その下にテロップで……63年間有難うございました 後藤達彦 テレビ屋 とある。
どなたが意匠されたのか知らないが、ダンディーな後藤さんには似合わないデザインだった。

あれから14年が経ち、ボクも後藤さんの生前の年齢を大きく越えてしまった。

後藤達彦さんとボクの付き合いを知っている人はほとんどいない。


   「あの世まで 持って行けない お洒落かな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR