FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  20日間は水だけで生きられる自信

20日間は水だけで生きられる自信

断食を終えて東京に帰り、また普通の生活に戻った。

当初は、やたらと身体が軽く、動くのが余りにも快適で、エレベーターなど乗る気にもなれず階段を駆け上がっていた。

しかし、自堕落で飽食の生活が10日も続くと、食べ物への感激もすぐに薄れ、味も香りに対する鋭い感覚もなくなっていった。
それは、自分でも、びっくりするほどのスピードで、体重もあっという間に断食前と変わらないものになった。

断食がボクに残したものは何か、などと問うたことなど実はないが、敢えて言えば、少なくとも、20日間は水だけでも生きて行くことができる自信ができた、ということ位かもしれない。

でも、ボクは、断食は良いよ、と他人に勧めている。
ボクの場合、その効果については断食後、自ら放棄したが、断食中の幸せ感は何にも代えがたいと思っているからである。


   「苦労して 役にたたぬが 良いところ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR