FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ニンジンの甘い香り

ニンジンの甘い香り

断食で一番大切なのは、断食明けの食欲の調整である。
ボクの場合、20日間の水だけの生活を無事に終え、次の日から、いよいよ、戻しの食事が始まった。

食事は朝8時と午後3時の2回。食事と云っても、初めはお猪口ほどの大きさの小さなグラス一杯のブドウジュースとそれと同量の重湯。
それに、生のニンジンの切れ端二片とキャベツ一かけ。
この、ごく少量を30分かけて食べる。

20日間ぶりの食べ物との再会は感激的だった。

ニンジンやキャベツがこんなにも甘かったのか、こんなにも素敵な香りを持っていたのか。
噛みしめ、噛みしめしながら、この感覚を忘れないでおきたいと心に刻んだ。

1日目は夕食も同じメニューだった。

この2回のわずかな食べ物で、体中に力が漲って来るのを実感していた。


   「力湧く ニンジン一片 沁みわたる」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR