FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  恐いもの知らずの馬鹿

恐いもの知らずの馬鹿

自分では「初めてのコト」だと思ってやったことも、後になって過去に誰かがすでに試みていたことが分かる、などということも多い。
凡人であるボクの考えることなど誰でも思い付くのは当然のことである。

大島渚さんの教えはもっと深い意味だったことだったと今になって思うのだが、当時はただがむしゃらに突っ走った。
それなりの評価もされたが、批判の声も多かった。

ボクはイデオロギーには全く興味は無かったので、右でも左でもなく、ただ自分が不思議に思ったり感じたりしたことをテーマに取り上げた。

靖国問題、天皇問題、差別問題、日の丸君が代問題、スパイ防止法案の問題など真正面から取り上げた。
これらはタブーに近かったし、余り皆が触れたがらないテーマだったので、自然とトラブルも多くなる。

単なる若気の至りだが、ボクはそんなトラブルをも楽しんでいたのかもしれない。

周囲からは恐いもの知らずの馬鹿と思われていたことは間違いない。


   「ひつじでも 地雷を踏めば あの世行き」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR