FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ドキュメンタリー的な番組とは

ドキュメンタリー的な番組とは

「ドキュメンタリー的な番組」の説明は少し面倒なことになる。

情報番組と呼ばれている番組群がある。

ニュースを始めとする報道情報番組、社会情報番組、料理や健康、美容など日常の生活に関する生活情報番組、音楽、美術などの文化的な情報番組、旅情報、科学情報、芸能情報番組など情報番組は多種多様である。
これらを包括的に網羅したワイドショーやニュースショーは各局の競い合うところでもある。

ボクはこれらの情報番組をドキュメンタリー的な手法で描いたものを「ドキュメンタリー的な番組」と勝手に名付けている。

その際、取材者の主体性や視点はドキュメンタリー同様に必要だが、視聴者に伝えるものは取材者の主張や考えではなく、あくまでも情報であり、より客観性が求められると考えている。

しかし、現実には「ドキュメンタリー番組」と「ドキュメンタリー的な番組」の境界線があいまいになるケースも往々にして出てくる。


    「へ理屈を 読む身にもなれ 馬鹿社長」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
大好きなオルタスジャパンの「観」
ドキュメンタリーの意味は、「虚構を加えずに」とか、「実話」ということのようです。

でも、現実を現実のママに再現することは不可能で、そこには「抽出」「短縮」「再構成」という三つの過程が不可欠です。ライブといえども同じです。

この三つの過程を司っているのが、「歴史観」「世界観」「人間観」「人生観」etc.と言った「観」でしょう。

僕は、オルタスジャパンの「観」が大好きです。
これからも、その「観」をたくさん観せて下さい。


Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR