FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  恩人との20数年ぶりの再会

恩人との20数年ぶりの再会

昨日に続き、ドキュメンタリー番組について書こうとしていたのだが、うれしいことがあったので、閑話休題。

突然Hさんが訪ねて来られた。
22~3年振りの再会だった。

Hさんは、25年前、会社を設立して最初にお付き合いいただいたみずほ銀行、当時は富士銀行の行員の方である。入行して3年目のフレッシュマンだったが、本当に誠実な方だった。

会社経営について右も左も分からないボクたちを助けてくれた大の恩人で、彼が異動された後もずっと年賀状のやりとりだけは続いていた。

年賀状だけとは云いながら、行員の方とのこういったお付き合いは後にも先にもHさんとだけである。

お陰さまで今は他銀行とも取引させていただいているが、銀行間の競争の激しい中、メイン銀行はみずほ銀行と決めているのはHさんの存在があったからだ。

仕事を生み出し、継続させていくことは難しいことだが、それを可能にするのはひとえに人間関係にある。
そして、その基本は誠実な人材であることをあらためて知る。

Hさんは50歳を迎え、銀行業界の慣例に習い、新しい職場に転進されたが、20数年前と変わらぬ若々しさを保っておられた。

嬉しいひと時だった。


「友来る まさに論語に ある如く」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR