FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  テレビでは雑多な素材が入り乱れて展開されていく

テレビでは雑多な素材が入り乱れて展開されていく

テレビという、ごった煮のナベに放り込まれる食材は実に多様だ。

白も黒も、右も左も、縦も横も雑多な素材が入り乱れて展開されていく。

多様性だけを取り上げればネットの世界には遠く及ばないが、制作プロダクション、テレビ局、代理店、スポンサー、視聴率といくつもの高いハードルを越すためには、精査されなければならないさまざまな条件があり、ある程度の情報の正確さと品質は保証されている。

   「ごった煮の ナベに明日が 入ってる」

だからテレビは面白くないのだとの見方も同時に存在することにはなるし、正確であるべきはずのテレビが、視聴率を意識するあまりデタラメな情報を臆面もなく流すという不祥事もしばしば起きる。

またネットとは対極の意味合いにおいて、メディアとしての危険性も指摘されることにもなる。

   「マスコミに 反省の色なし 原子力」



にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR