FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ボクたちの進むべき先には明かりが見える

ボクたちの進むべき先には明かりが見える

テレビ業界を俯瞰で見れば、草創期から成長期、そして爛熟期を経て、現在は衰退期に区分けできると思う。
その意味ではテレビ総体としては斜陽産業と云える。

しかし、主にドキュメンタリーという限られた世界からテレビ業界を半世紀近く見続けて来たボクにとっては、今が決して悪い時代だとは思っていない。

なぜなら、ドキュメンタリーというジャンルがNHKを中心としてではあるが、しっかりと定着しているからである。

むしろ、テレビ産業の斜陽化の中にあって、低成長安定路線にあるのではないかと思っている。

ボクたちの進むべき先にはおぼろげながら明かりが見える。


   「年明けや 先の灯りは 幻か」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR