FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  年の終わりに思うこと

年の終わりに思うこと

いよいよ今年も終わる。

歳を重ねるごとに、時間の流れが加速し、一瞬のうちに一年が過ぎ去ったとの感がある。
「一炊の夢」や「光陰矢のごとし」など古くから伝えられてきた言葉があらためて重くのしかかってくる。

自分に残された時間を考えると、一分、一秒が貴重に思われてくる。

同じ時間でも、己の欲望を満たすために費やした若い頃とは確実に変わって来たことを
実感している。

世のため、人のために役立ちたいと、大言壮語することなど、とてもできないが、少なくとも、ドキュメンタリー番組を作りたいと志し、日夜、番組制作に精を出しているスタッフの、それぞれ各人の夢をかなえたいとの思いは年ごとに強くなっている。
ささやかではあるが、ボクの残された時間をその実現のために費やしたいと願っている。

一昨日、わが社の株主総会を無事終えた。
幸いなことに、わずかだが、単年度の黒字決算の報告ができた。
益々、厳しい状況を迎えることは必定だが、出来うる限り快適な制作の場を維持発展させて行きたいとの願いは強い。

「馬鹿社長ブログ・にんにく劇場」を書き始めて一年が経った。

今年は、これで筆を置く。
来年は1月7日から始めたいと思っている。

一年間、拙いブログにお付き合いいただいた皆さんにあらためて感謝したい。

どうぞ良いお年をお迎え下さいますように。


          「幸せを 番組作りの 中に見て」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
加齢と時間の流れ
ある心理学者の説によると、加齢による時間の流れは、年齢分の1になるそうです。

一歳の子供の一年を「1」にすると、六十歳では、1/60。6日でしかなくなります。九十歳では、4日となります。

これを心理時間というのだそうですが、心理時間が速くなる理由は、「夢がなくなる」「感動がなくなる」からだそうです。

心理時間での長寿になられるように、どうか「夢と感動に満たされた場」でご活躍下さいますように!!!

今年も、お世話になりました。
来年は、もっともっと世話をして下さい。
これも心理時間での長寿の秘訣ですから〜〜。

(先のコメント、間違って「管理者のみ」にしてしまいましたので、再投稿です)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR