FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  久しぶりに新宿ゴールデン街に行った

久しぶりに新宿ゴールデン街に行った

先日、久しぶりでゴールデン街に飲みに行った。

ゴールデン街は東京の新宿歌舞伎町のはずれにある飲み屋が密集している一帯である。
間口二メートル足らずの小さなバーがひしめき軒を並べている。

このあたりは、昔は青線地帯だった。
青線と云ってもピンと来ない人たちも多くなっただろう。

昭和31年に制定された売春防止法に伴いその2年後、売春が禁止される。
それまで、売春が公認で行われていた地域を赤線、非公認の地域を青線と呼んでいた。
吉原は赤線の代表格である。

ゴールデン街のほとんどの店の構造は、青線時代の名残を今に残していて、2階建てになっている。
2階とは云っても、その多くが屋根裏部屋で人が立てないほどの作りになっている。
客をその狭い2階に引き込んで売春していた。

今では、そんな店は皆無で、若い女性客も自由に出入りできる飲み屋街になった。
しかし、当時の猥雑な雰囲気はそのままで、そこがこの一帯の魅力にもなっている。

この街にはボクもいろいろと思い出がある。


   「青き日の 飛田新地を 思い出し」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR