FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  給料の支払いをストップする羽目に陥る

給料の支払いをストップする羽目に陥る

大紅魚の企画の失敗で、会社設立のスタートからボクたちは大転びしたのだった。

苦労して調達した資本金2千万円のほとんどを使い果たしてしまったのだから、本来ならば、責任をとって社長の辞任となるところだが、そんなことは露ほども考えなかった。

給料の支払いもストップせざるを得なかった。

しかし、設立メンバーには、それほどの悲愴感など不思議となかった。
しかも、他に仕事のあてもなく、明日からどうすれば良いのか、まるで当ては無かったにもかかわらず、全員がなんとかなるだろう、と構えていた。

それも、浮かれたバブルの時代の一側面であったのかもしれない。


   「興奮が 冷めりゃお金の 苦しみが」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR