FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  案内人の突然の雲隠れ

案内人の突然の雲隠れ

このあたりから、今回の大紅魚捕獲大作戦のお話はマンガの様相を呈し始める。

香港から新疆ウイグル自治区の首府ウルムチまでの列車の旅は特に長く感じられた。

取材が引き延ばされている理由を聞きただそうとした科学院の院長には会えずじまいで、何人かの副知事に会い、ワイロなど渡したが「善処する」というばかりで埒はあかない。

このあたりまでは、ボクもまだ希望を失ってはいなかった。

しかし、北京に向かう途中で、李鵬の娘と渡りをつけることになっていた男が雲隠れする。
こりゃ、いかんわ。

それから後の細かい動きについては、北京、それから何故か上海など駆けずりまわった覚えはあるものの、今ではボクの記憶も定かではなくなっている。


「大口を 開けて笑うな 大紅魚」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://an.to/ewf
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR