FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  バブル時代が3億円の制作費を決定した

バブル時代が3億円の制作費を決定した

ボクたちは、企画を、エンターテイメントの王者を目指す某局の事業局のトップに提案した。

彼は大いに興味を示し、腹心の制作局のプロデューサーに検討を命じた。
このプロデューサーはゴールデンタイムの人気番組を担当する切れ者プロデューサーだった。

時を置かず、企画は採択された。

制作費は3億円が約束された。
会社設立のスタートとしては上々の滑り出しだ。

さっそく、大紅魚捕獲大作戦の制作のための活動が始まった。

まずは、新疆ウイグル自治区にわたりをつけなければならない。

ボクは知り合いの中国人貿易商の王さんを頼った。
彼は、特に香港に人脈を持つという老人で、麻薬王クンサーの取材の過程で知り合った実直な信用のおける人物だった。

彼はその香港人脈を使い、中国中央政府および新疆ウイグル自治区の関係者への橋渡し役を引き受けてくれることになった。


   「スタートは 順風満帆 波静か」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR