FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  お金に目が眩んだ気功師

お金に目が眩んだ気功師

邵錦さんもそれなりの能力があり、ボクの祖母がそうであったように、簡単な病気は治すことができたのだと思う。

かの有名なイエス・キリストをはじめカミサマの多くが、人々の病気を治すことを売り物にしていることは今も昔も変わらないが、それらは、気功法によるものだと思う。

その能力は訓練によっても習得できるらしいが、生まれつき自然に備わっている人たちがいて、邵錦さんも、そんな一人だったのだろう。

つまり、治療にも気功の力が及ぶ範囲があって、その範囲を越えたことが出来ると吹聴しなければ問題は無かった筈である。

しかも、邵錦さんはそれを多額な金儲けの手段として使ってしまった。
お金に目が眩んでしまった訳である。

彼女はボクにこう言ったことがある。

「インドのような国であれば、私もサイババになることができた。でも民度の高い日本では、それは難しい」

分かっていながら、いつしか彼女はサイババになろうとした。
そして犯罪者となった。


     「気功師も 金の病に 打ち勝てず」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR