FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  スタッフを次々に大ケガが襲った

スタッフを次々に大ケガが襲った

ボクは幼い頃から、カミサマだった祖母の、それこそ色々な話を聞いて育ってはきた。

怖い話も多かった。

それでも、妖怪の取材などしてはならないよ、という、叔母の忠告をボクは聞き入れるつもりはまったく無かった。

妖怪の取材は順調にはかどっているかに思えた。

しかし、突然思わぬ事故が起きる。

河童や座敷童子の取材で岩手県の遠野に撮影に出かけていたディレクターが、崖から滑り落ち、腕を何針も縫う大ケガを負ったとの知らせが入った。

一瞬、叔母の厳しい忠告が頭をよぎったが、単なる偶然だと受け流した。

全国各地方で取材を続けていたスタッフにも、注意するようにとの指示を出した。

しかし、その直後、屋久島の取材ディレクターが、さらに大ケガを負う。

思わぬ所から大きな石が落ちて来て、何本かの指の骨が押しつぶされるという重傷だった。さては妖怪の祟りか。


             「偶然が 重なる因果 罪深し」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR