FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  カミさまの案内に使った交通費だったのか

カミさまの案内に使った交通費だったのか

馬券を買いなさい、と和田さんに勧められ、そのことを忘れていたが、突然、2と8という数字がボクの頭を襲った。

その直後、行きつけの雀荘に行くと、そこで今は亡き、ばばこういちさんが、競馬予想紙と首っ引きになっている。

有馬記念という重賞レースだった。

ボクは、財布を持ったことがない。

ジーパンのお尻のポケットを探ると5万円出てきた。

それをばばこういちさんに渡し、頭に浮かんだ数字の2-8を買ってくれるように頼んだ。

普段は競馬に全く興味のないボクが馬券を頼んだので、珍しいことをするねと、ばばさんが一瞬いぶかしがっていたことを懐かしく思い出す。

翌日のばばこういちさんからの電話で、その馬がきたことを知った。

配当金はたしか45万円ほどだったと記憶している。

あぶく銭とは良く云ったもので、お礼を払ったりして瞬く間にそのお金は無くなったのだが、考えてみると、この金額はボクが人を連れて、四日市の和田さん宅を10回ほど往復し使った交通費に相当していた。

和田さんもしゃれたことをするな、などと今も思っている。


   「カミサマも つじつま合わせの 俗っぽさ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR