FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  馬渕もボクも九死に一生を得たことは事実である

馬渕もボクも九死に一生を得たことは事実である

ボクたちの死の危険からの生還に関して、長順さんが果たされた役割については、どのように解釈すれば良いのかは分からない。

ただ、長順さんが予言されたように、馬渕もボクも九死に一生を得たことは事実である。

常に、人生には危険がついて回るのだから、こんなことは偶然だとの考えも一方ではできる。

それにしても、長順さんの死の予言は出来過ぎだとの見方も、また一方で出来る。

いずれにしても、あまり科学的説明ができそうにない出来ごとなので、これまで、あまり他人に話したことはないが、不思議なこともあるものだ、とは思っている。

戦場カメラマンとして幾多の死線を潜り生き抜いてきた馬渕直城は平成23年10月29日、平和な温泉場で不慮の死を遂げた。


           「不思議とは 単に科学の 未熟かも」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR