FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  麻薬王クンサーとの会見記を出版していた

麻薬王クンサーとの会見記を出版していた

会社設立の少し前に、ボクは一冊の本を上辞していた。

ミャンマーとタイとラオスの国境にゴールデントライアングルと称される麻薬生産地帯がある。

当時、その一帯の麻薬を取り仕切り麻薬王と呼ばれるクンサーという親分がいて、この麻薬王との会見記を出版していた。

ヘロインを巡って少数民族とタイ、ミャンマーそれにアメリカの陰謀が渦巻く危険な地帯であったが、幸運にもボクたちはこの取材に成功し、テレビ番組として放送した。

そして、その時の顛末を本にしたのだった。

この本の出版を期し、ボクは日本テレビを辞し、しばらくして会社を設立した。

そして、その本を天台宗の尼僧、長順さんに届けたのだった。


  「麻薬王 気が付きゃビルマの ホテル王」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR