FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  テレビというメディアが本来有しているやむをえぬ本質かもしれない

テレビというメディアが本来有しているやむをえぬ本質かもしれない

ドキュメンタリー系の番組の場合、そのジャンルや番組の内容によって異なるので、一般論としては云い難いのだが、よほど局のスタッフとの人間関係が濃密な信頼に基づいていない限り、局のプロデューサーよりも年配のディレクターが活躍することは難しいとの現実は厳然としてある。

年齢は関係ないと、建前としてはあるが、実務的には局のプロデューサーとしては同年輩か自分よりも若いディレクターと仕事をしたいとの本音はある。

まだまだ現場でディレクターを続けていきたい、と願う年配の制作者にとっては、とても酷な話ではあるのだが、これはテレビというメディアが本来有しているやむをえぬ本質であるのかもしれない。
  

「燃え尽きぬ 才能だけが 歳を越え」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR