FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  様々な映像コンテンツの制作の分野にも眼を向けていく

様々な映像コンテンツの制作の分野にも眼を向けていく

テレビの将来への見通しについては明確な答えを用意できていないのだが、ボク個人としては、テレビに育てられ、テレビで生きてきた人間なので、当然テレビの発展を願うし、またテレビと共に滅びていきたいとの思いはある。

だから、本線としてのテレビの仕事には、こだわり続けたいが、映像コンテンツの制作という広いジャンルでの対応には、まったく抵抗はない。

たとえば、企業が求めるデジタルサイネージやARなどの仕事にも興味を持っている。

今後、こうした様々な映像コンテンツの制作の分野にも眼を向けていく必要性を益々感じている。


           「ソフト屋は 楽しみながら 七変化」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR