FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  テレビへの愛情や興味が本当にあるかどうかの疑念

テレビへの愛情や興味が本当にあるかどうかの疑念

新規参入のBS局は、既成のテレビの概念に捉われないことや、大手代理店に依存しない自力での営業力の持とうとする強みは本来ならば大きな意味を有するはずである。

形は異なれども、設立当初の地上波BS局が持っていた、BS局を一人前のテレビ局に育てようとの強い意欲や意思のようなものが、後発BS局にあればと期待する。

ただ大きな懸念は、親局を持たない利点とは裏腹に、もしかすると経営陣にテレビへの愛情や興味が本当にあるかどうかとの疑念は残る。

テレビをジャーナリズムではなく、商売の道具としてしか考えないのではないかとの恐れである。


  「価値観の 違いに揺れる テレビかな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR