FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  後発のBS局は新しい眼でテレビを考えることができる

後発のBS局は新しい眼でテレビを考えることができる

地上波キー局を親会社に持つBS局には、これまで地上波の番組を作り続けてきたスタッフが数多くいる。

番組制作のベテランで、これまでの地上波のテレビの世界に慣れている分、従来の価値観に捉われる、ということも起きる。

その点、代理店経験者など営業畑の多い後発のBS局は新しい眼で、テレビを考えることができるという利点があるのではないかと思う。

当然、BS局でも代理店は介在するが、特に大手代理店にとっても地上波ほどの大きな利益は見込めないので、まだまだ本気でその力を注いでいない。

だから後発BS局は、自社の営業ががんばらなければならないと、真剣にきめの細かい営業活動をせざるを得ないはずなのだが。


  「行きは良し 返りが恐い テレビかな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR