FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ジャーナリズムの送り手の使命として何を放送するのか

ジャーナリズムの送り手の使命として何を放送するのか

多くのBS局の経営を実際に支えているのは、テレビショッピングの通販番組である。

経営陣としては、その形から早く抜け出したいとの願いはあるようだが、なかなか実現できないでいる様子だ。

通販番組の全体に占める割合については、総務省からの強い指導があるとも聞くが、それはそれで、経営のための手段としてのひとつの形だ。

それをベースとしながら、ジャーナリズムの送り手の使命として、何を放送するかの方が主題である。

ボクなどが、とやかく言う筋合いのことではないのかも知れないが、業界の隅っこにいる者として気がかりな現状ではある。


  「辛口や もてぬ乙女の 恋心」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR