FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  BS局の小型地上波番組は視聴者のテレビ離れを促進する

BS局の小型地上波番組は視聴者のテレビ離れを促進する

地上波を有するキー局は、それぞれBS局、CS局を持っている。

各BS放送局の営業成績は伸びる傾向にあり、順調のようだ。

ただ、ひとつの局が同じテレビ局を複数所有している訳で、その役割分担がいまのところややあいまいである。

BS局の場合、売上の多くをテレビショッピングにたよっているのが現状で、経営陣も忸怩たる思いであろうことは想像に難くない。

番組制作に関して云えば、BS局は地上波に比べて、その制作費は圧倒的に少額なので、同じ土俵での闘いの行方は自ずから明らかである。

BS局の小型地上波番組は視聴者のテレビ離れを促進するだけだ。

それに、実際に制作するプロダクションに負担を強いることになり、業界全体を疲弊させることになる。


           「ものづくり 楽しく伝える 誇りあり」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR