FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  節電キャンペーンはどこへ行ったのか

節電キャンペーンはどこへ行ったのか

梅雨が明け、暑い毎日が続く。

ワイドショーでもトップの項目は、連日の暑さについての特集である。

熱中症に気をつけましょう、暑さ対策にはこんな便利な商品が売り出されていますよ、こんな食べ物が適していますよ、と、どの司会者も口をそろえて親切に教えてくれている。

しかし、不思議なことに節電というこれまでの流行りの二文字がテレビの画面から消えた。

大飯原発が再稼働し、各地での原発の再開を目論む動きの中で、節電はテーマではなくなったようだ。

テレビは世論の指針でなければならない筈だが、政府や官僚の意のままに操られている姿は視るにしのびない。

ボクたちは、どこまでもバカにされている。

マスコミの片隅に身を置く者として、恥ずかしさと憤りを抑えることができない。


    「梅雨明けて 寒気しみいる テレビかな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR