FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  地上局とBS局の考え方の違いはどうもあやふやだ

地上局とBS局の考え方の違いはどうもあやふやだ

NHKの場合、4局ある各チャンネルのイメージは比較的はっきりしている。

地上波は文字通りの総合テレビとEテレで、内容に従来との大きな変化はない。

BS1は報道とスポーツ、BSプレミアムはエンターテイメントに特化してきた。

もっとも最近、視聴率を意識するあまりNHKとしての存在意味が見失われているのではないかとの局上層部での反省があるとも聞いている。

今後、各チャンネルの在りようが変化する可能性は高いが、それでも各チャンネルのイメージは比較的分かりやすい。

一方、民放の場合の、地上波とBSチャンネルの考え方の違いはどうもあやふやで、はっきりとした方針が見えない。

おそらく、お互いの住み分けが出来ておらず、同じ土俵で競いあっている観がある。


  「熊が出た 猿も現れ 大騒ぎ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR