FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  その年によってボクたちが必要とする人材の形は変わる

その年によってボクたちが必要とする人材の形は変わる

一時よりも入社試験の応募者数が極端に減った。

応募者の減少化は、7~8年前くらいからで、どのプロダクションにも共通する現象らしい。

テレビ産業の斜陽化と大いに関係しているようだ。それでも優秀な人たちは沢山いる。

採用の人数は特に決めている訳でもないが、3~4人をひとつの目途にしている。

時には、採用試験で落ちた人から、その理由を聞かれることがある。

決して、試験に落ちた人が悪い訳ではない。

才能を求めるといっても、その年々によって、ボクたちが必要とする人材の形が異なる。

去年ならば採用したであろう人が、今年は見送る、ということも起きる。

受験者には申し訳ないのだが、どうしても、そういった会社の事情を優先させることになる。


  「才能に 運否天賦が つきまとい」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR