FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  平凡はボクひとりで十分だ

平凡はボクひとりで十分だ

入社試験の採用にあたってのボクたちの目的は、優秀な人材を確保すること、に尽きる。

しかし、面接官は、それぞれにそれぞれの価値観を持ち、優秀な人材についての感じ方も異なる。

評価が分かれることも、しばしば起きる。

その場合はスタッフの間で議論する。

ボクの採用基準は①どこか尖がったところのある人②才能の芽を感じさせてくれる人、にある。

人間的には多少の問題がありそうでも、特徴の方を重んじる。

とにかく、どこかクセがあり、何かに突出している人が良い。

平凡はボクひとりで十分だ。


  「突出は 吉か凶かの 分水嶺」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR