FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  才能は多様であった方が好ましい

才能は多様であった方が好ましい

新入社員を毎年、欠かさずに採用する努力は続けている。

先週、来年度の採用者の内定を決めた。

決して経済的な余裕はないのだが、巷でもよく言われるように、前年度の新人に後輩が現れることは必要なことだ。

1年であっても、先輩としての自覚がその人の能力を確実に伸ばす。

ボクたちは、会社に競争原理を特別に取り入れてはいないけれど、新人が優秀であればあるほど、その刺激は大きい。

もうひとつの理由は、新たな才能に出会いたいからである。

十人十色とは良く言ったもので、スタッフのひとり、ひとり、異なった個性を持ち、それぞれの才能を発揮している。

その才能は多様であった方が好ましい、と考えるからだ。        


  「やる気さえ あれば才能 乗り越えて」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR