FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  少しかしこまって、新しい気持ちになるのも無意味ではない

少しかしこまって、新しい気持ちになるのも無意味ではない

お花見の前に行う入社式も大切な行事だ。

今年度の新入社員は2人だった。

これに、これまで1年以内に採用した中途入社の人たちが加わり、合同で行った。

ボクは元来、格式ばったことは性に合わないのだが、もしかすると、一生に一度になるかも知れない入社式の時くらいは、少しかしこまって、新しい気持ちになるのも無意味ではないと思い、積極的に続けている。


           「古株も 初心に戻る 入社式」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR