FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  実相としての会社の実体はスタッフにある

実相としての会社の実体はスタッフにある

経営者としては無責任な発言になるが、会社というのは、あるようで実はその実態はないのだと思っている。

ボクを含めて、若干の株主はいるが、それが会社かといえば、そうでもない。
取締役会が会社でもない。

法的な規定については知らないが、実相としての会社の実態はスタッフにある。

そして、そのスタッフ全員を仲間であると考えている。

ボクたちの働くことのできるこの場が会社だ、としか言えない。

だから、一番大切なのはスタッフである。

そして、スタッフはそれぞれの立場々々に沿って、その役割を果たすことで、この制作の場を維持発展させていく。

そのための知恵をしぼり、リーダーシップをとっていくのがボクの役割である。


  「知恵もなく スタッフ頼りの 社長かな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR