FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  企画発想の時点から制作部とはアプローチが異なってくる

企画発想の時点から制作部とはアプローチが異なってくる

企画実現部での企画は、企画発想の時点から制作部とはそのアプローチが異なってくる。

まずスポンサーが興味を持ってくれる企画かどうかが大切になるからだ。

しかもその内容には放送に値する社会的大義名分が絶対条件となる。

これまでいくつもの企画を立て、多くのクライアントと直接交渉を重ねてきている。

これも企画同様「千三つ」の世界で、成立したものもあるが、なかなかに険しい道である。


  「どこまでも ついて来るなよ 千三つさん」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR