FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  スポンサー付きでなければ企画実現が難しい時代を迎えている

スポンサー付きでなければ企画実現が難しい時代を迎えている

困難に満ちた経過をたどり、今ではBS局も利益を上げるようにまでになった。

前期の純利益が150億円という某BS局も現れた。

しかし、ボクたちの予想の通りに、一時代を経過したBS局では企画を採択する場合、プロダクションがスポンサー付きで企画提案しなければ企画実現が難しい時代を現実に迎えている。

よほど優れた企画でなければ役に立たない。

優れたとはスポンサーが大いに興味を持ってくれるという意味でもある。

利益をあげているとは言え、まだまだその台所に余裕はなさそうだ。

企画推進部はこんな時代の到来に備えて作ったのではあった。


         「失敗が いつも待ってる 明日かな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR