FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  番組製造工場から著作権を持つ制作者になること

番組製造工場から著作権を持つ制作者になること

日本経済の落ち込みに伴い、BS局の親元である既存キー局の経営も苦しくなって来ていた。

地上波の制作費のカットが激しさを増し始めた。

一方NHKでも民間からの資金の導入を模索する動きがあった。

民間との共同出資による番組制作の模索である。

元来怠け者のボクも足しげく大手商社を巡ったり、海外に交渉に出かけたり、かなり走り回ったものである。

企画推進部を作ったのは、そんな時代だった。

つまり、企画にお金をつけて局に提案し、実現させるという方法である。

それはプロダクションが、それまでの番組製造工場から著作権を持つ制作者になることを意味する動きでもあった。

放送コンテンツの再利用が、ようやく現実のモノとして考え始められたのである。


  「身の程を 知らずに駆ける 馬鹿社長」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR