FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ボクが一日も早く消えることが先決

ボクが一日も早く消えることが先決

テレビ界だけでなく、世界的大変革の時代を迎える中で、ボクなどは、もっとも古いタイプのプロダクションのオッサンである。

幸いなことに、失敗こそあれ、過去に成功体験などは無いので、その点だけは救われているのだが、テレビが好きで、この仕事が面白いと心の底から思っているし、そのことを楽しんでいる。

しかし、実はこの好きだとの気持ちが安定経営の邪魔をしている面も間違いなくある。

スタッフには日頃から、「過去の古いテレビ制作のありようから脱却し、変化とスピードに対応した、新しい制作の形を作らなければならない。今こそ新しい言葉をボクたちが生み出さなければならない」
などと言っているのだが、もしかすると、ボクが一日も早く消えることが先決なのかも知れない。


  「今日は今日 あしたこそはと 夢を馳せ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR