FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  自らの眼で確かめなければならないとの感覚や使命感

自らの眼で確かめなければならないとの感覚や使命感

事が起きた時、ボクたち制作者はまず現場に赴き、自らの眼で確かめなければならない、との感覚や使命感が、ボクたちの会社の中に生きていることがうれしい。

これは、いやしくも、ジャーナリズムの片隅に身を置くボクたちにとっての最低の条件だからだ。

今回、希望者を募った際に、目を輝かせ、勇んで東北各地に散ったスタッフの中に、阪神淡路大震災を取材したテレビ東京の番組のことを知っている者はいない。

しかし、その心意気や好奇心が、根づいていることは確かなことである。


  「伝統は 社風の中に 受け継がれ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR