FC2ブログ
ホーム   »  2020年03月
Archive | 2020年03月

雨にも負けず、コロナにもめげず

冗談を言っている場合ではないが、世界中がコロナという目に見えない怪物に振り回され、恐れおののいている。
うっかり咳やくしゃみも出来ない状況だ。

日本の場合、患者数だけでみれば、大した数字とも思えないし、インフルエンザと比べて周囲で新型コロナに感染した人は未だに知らないので、宝くじに当たるようなものだなあ、というのが当初の実感だったのだが、そんなことを言っていられなくなってきた。

それもこれも、新型コロナウイルスの正体が解明されておらず、ワクチンが開発されていないからだが、これほど現実感に乏しい病気も珍しい。
この現実感の無さがコロナウイルスの恐ろしい罠であることに鈍感なボクも今頃やっと気付いている。 

いつの間にか忍び寄り、誰が感染しているのか分からない形で突如爆発する。
影に怯えることにもなる。
日本の場合は出来るだけ検査はしない方針だから、感染者数の実態は本当の所は分からないから尚更である。

今や世界中の国々が国境を閉鎖し、非常事態宣言をする深刻な事態となっているのは周知だ。
多方面での経済活動が停滞しており、すでに世界経済恐慌に陥っていると見るべきかもしれない。
考えてみれば、ボクの人生で経験のしたことが無い、初めての脅威であることにも気づいた。

実際、この新型コロナにボクたちの仕事も直撃されていて少なからぬ影響を受けている。
放送枠がすでに決定した取材中の番組が何本も中止になっている。
とにかく海外取材がまったく出来なくなっているばかりでなく、国内の取材も様々な制約を受けていて、まるで身動きがとれない。
何本かのオリンピック関連番組の制作も進行していたのだが、今回のオリンピックの延期決定で大きな打撃を受けているのも事実だ。

今年は例年になく順風満帆な滑り出しで、上手く行き過ぎていた。
こういう時は必ず何かが起きるピンチでもあるから、気を引き締めて行こうぜ、と会社のスタッフとも話していたのだったが、悪い予感とは的中するものである。

頭の痛いことこの上ないが、世の中とはそういうものだ、との覚悟は常にある。
あとはどのようにして凌ぐかを考えるだけである。
まさに雨にも負けず、コロナにもめげす、だ。

それにつけても思うことは、日本も含めて、世界の経済の成り立ちというのは、何とも危ういものなのだなあ、ということである。
昔と違って地球は極端に狭くなった。
国と国の境がまるで無いかのように、凄まじい数量の人と物が絶え間なく世界の国々を行き交う交流豊かな時代となった。
極端に言えば世界がひとつの経済圏になったとの観がある。

これまで手に入らなかった海外の品物も簡単に手に入るし、庶民の海外旅行も当たり前となっている。
とても便利でボクたちの欲望が簡単に満たすことができるようになった。
これぞまさに人間文明の勝利そのものである。

しかし、今ボクたちの体験している新型コロナの脅威は明らかにその負の部分である。
人の移動の多さとその規模の大きさがひとつの地域で発生したウイルスの感染を世界中にばらまく。
今回はたまたま驚異的な経済発展を遂げている勢いのある中国に端を発したために、さらに世界に広まる速度も範囲も激しいものになった。

経済のグローバル化は感染のグローバル化も同時に招いた。
そしてそれは同時に、生産性や効率や利便性を追い求める経済優先思想への自然界の警告にも見える。

それはともかく、今はコロナ対策が最優先だ。
スタッフに感染者を出さないことが最大の課題である。

同時に新しい企画を生み出すことが急務である。
テレビ局もオリンピックの延期で予定していた番組の変更を迫られている。
のんびりしている時間は無い。
これまでお世話になって来たテレビ局への恩返しの時でもあり、それがボクたちの利益となる機会である。

その意味では、コロナの禍をボクたちのエネルギーにしたいものだと考えている。

   「洗う手や 鼻の脂を ちょいとつけ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ


プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR