FC2ブログ
ホーム   »  2019年05月
Archive | 2019年05月

ただ今、新入社員採用面接中

いま、来年4月からの新入社員採用の面接に追われている。

昨年は5人の新卒者を採用し、この春から全員が元気に活躍してくれている。
今年も出来れば昨年と同じくらいの人数を採用したいと考えている。

昨今は、若い人たちがテレビに興味を失い、テレビ受像機そのものを持たない若者が増え、テレビ局は勿論のこと、テレビ番組制作会社への就職希望者数も一時に比べればずいぶんその数は減っている。
中でも、ボクたちのようなドキュメンタリーを中心に制作している会社への応募者は限られていて、バラエティーや情報系の番組制作会社へほどの人気はない。

しかし、そんな時代でも、ドキュメンタリーを志す将来有望な若者たちは絶えることはなく、それなりの人数の学生たちがわが社の門を叩いてくれる。
そして、そのほとんど全員が、テレビ番組制作会社に絞って就職活動している。
テレビ離れのこの時代に有難いことである。

今さら言うまでも無いことだが、ボクたちのような制作会社にも100人単位での応募があった頃は、応募者の採用に関して会社が優位に選択できたが、求人難のこの時代では、就職希望者が会社を選ぶ時代にもなった。

その意味では求人側と応募側は五分五分の立場になったと言える。
会社も応募者もお互いに選び合う訳である。
採用する側のボクたちも改めて襟を正し直さなければならない訳で、ある意味健全なことであるとも言える。
これまで以上の緊張感もあり、大変とは云え、それはそれで面白い関係にある。

ところで、就職志望者から「番組を制作する上で大切なことは何ですか」との質問を受けることが多い。
大切なことは山ほどあるが、好奇心と継続力だとボクは思っている。

敢えて言えば、特に継続する力が最も必要だろうと思う。
他のどんな仕事にも共通する要件だろうが、ボクたちの業界で言えば、ディレクターらしくなるには10年は必要だ。
一人前になるには少なくとも20年掛かる。
そして、20年続けることが出来れば、たいていの人は一人前のディレクターに仕上がる、と断言できる。
とにかく、ひとつの道を継続することが何事においても一番大切なことだとボクは信じている。

そして、案外、この継続力は難しい業である。
その道が好きでないと続けることが出来ないからである。
そして、好きとか、嫌いとかは、努力だけではどうしようも御せない性質の分野だ。
いくら理屈を並べられても、説得されても、好きや嫌いは自由に操作できない。
だから、ボクは「この仕事は好きでないと出来ませんよ」といつも言っている。

しかし、考えてみると、世の中の色々な職業に就いている人たちの中に、本当に好きでその仕事をしている者は何パーセント存在するだろう。
意外と少ないのではないかとも思う。
もしかすると、好きな仕事ができている人は幸せ者かもしれない。

1日の三分の一は眠って過ごす。
通勤時間を入れると少なくとも12時間にはなるから1日の半分は働いている。
残りの4~5時間で食事をしたり飲んだり、顔を洗ったり風呂に入ったりの余暇に使う。

休日はともかくとして、1日の半分を仕事に費やす、その時間量は膨大で、その時間を如何に楽しく、面白く、意義ある形で過ごすことが出来るかは、人生をどのように過ごすかに匹敵する量的、質的価値がある。
だから、好きな仕事を選ぶことが、人生にとって最も適切な選択だと思っている。

生き方は人それぞれだし、人生観も百様だ。
各人の生まれや育ちや境遇も様々だから、人生の価値観も多様である。
それを承知で、ボク自身は仕事に生きがいを見つける生き方が、もっとも自然で理にかなっていると信じている。

そんな訳で、採用については、その才はともかく、将来的に番組作りが好きで、一生情熱を持ち続けることの出来る、継続力のある人材を求めている。
 
      「子曰く 好きこそものの 上手なれ」




にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





写真家・大石芳野さんのジャーナリズム

続きを読む
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR