FC2ブログ
ホーム   »  2018年12月
Archive | 2018年12月

今年も終わりですね

例年のこととは云え、この一年も色々なことがあった。

3月には会社設立30周年を迎え、身のほど知らずのパーティーを催したが、おかげ様でたくさんの方々にご出席いただき、祝福と貴重なお言葉の数々を頂戴することができた。
改めて感謝したい。

そして暮れの12月には、会社の移転があった。
ビルの建て替えのためのやむを得ぬ移転だったが、急なことでもあり、思った以上のエネルギーを使う事となった。
三菱銀行さんのご厚意もあり、赤坂の目抜きに社を構えることが出来た。

引っ越しに際して、5名から成る引っ越し委員会を作り作業に当たってもらったが、それぞれが予想を上回る完璧な働きを示し、とてもスムーズに事が進んだのは感動的だった。
社長賞でその労をねぎらった。

移転に伴い、管理業務以外のデスクはすべてフリースペースにし、それぞれスタッフの個人ロッカーを整備した。
年配者の中には、自分独自の巣が無くなることへの違和感もあるだろうし、落ち着かない点もあろうかとも思うが、今のところは特別の大きな不満の声は聞こえていない。

そんな中で自分の定位置を決める者もいれば、日替わりの者もいる。
席の移動が自由なので、都合に応じた形をとれるため、打ち合わせなどもし易くなるなどのメリットなどもあるようだ。
それに帰る時は荷物を置きっぱなしに出来ないので、資料整理が行き届くようになった。
先週、恒例の忘年会を兼ねての事務所開きを行い、沢山の方々にお越しいただいたが、会社の雰囲気の評判はまずまずだった。

わが社は9月決算で、株主総会もすでに無事終えた。
何とかギリギリの黒字決算は出来たが、売上が伸びずに苦労した一年だった。
来年は同じ轍を踏まぬように気を引き締めて行きたいと思っている。

来年は年号も変わる。
世の中もいよいよキナ臭くなっている。
サテ、どのような一年になることか、ひとつひとつが楽しみである。
もう少し、生きてみることにしよう。

仕事始めは年明け7日から。
しばしの休暇を取らせていただく。
みなさま、良いお年をお迎え下さいますように。

   「初春や 鬼が出るのか 蛇が出るか」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




世の中って分からないことが多い

近しい知人の話だが、海外から日本に旅行でやって来た何人かの人たちの案内をすることになり、すでに数日経ったのだが「いやあ、大変でね」とこぼしている。

来日した客というのが、イスラムだったり、ヒンズー教徒だったりと、それぞれ宗教の戒律に縛られて生きている人たちなので、食べ物ひとつ決めるのにも苦労しているらしい。

イスラム教徒は豚肉を食べないことは知られているが、他の食べ物でも決められた加工や調理に関する決まりがあり、その決まりのことを「ハラール」と云うことも一般に知られるようになった。
ハラールとは「許された」とか「合法の」というイスラム語で、このハラール合格印が無い食品は食べられない。
ブタを調理した包丁やナベを使うことも許されないから、普通のレストランには入れない。

かつて味の素がインドネシアで、触媒として豚の酵素を使用していたとして技術者が逮捕される事件があった。
インドネシアは人口の90パーセントがイスラム教徒で占められている国なのでこういう事件が起きる。

食べ物だけではなく、化粧品や医薬品から衣服、玩具などの品物を選ぶ時にも「ハラール」であるかどうかが問題になるらしい。
「絹織物がダメなんだから、困っちゃうよね」と知人は言う。
絹は蚕のマユから出来ているので戒律に触れるのだそうだ。

インドやネパールで多数派を占めるヒンズー教徒は、神話に登場する聖獣だからという理由で牛は食べないが、菜食主義が基本らしく、今回来日した客のひとりもベジタリアンだと言う。
菜食主義の人たちは、キノコ類も菌だとの理由で食べないそうだ。
原理主義への対応は難しい。
戒律を守る人たちの案内役をすることになった知人の苦労は並大抵ではないことだろう。

宗教や思想上の戒律は、それを守りたい人たちの自由だから、とやかく言う気は毛頭ないが、異教徒や特にボクなどのような無神論の者にとっては不思議な世界である。

羊肉や鶏肉などは許されるのにどうして豚肉や牛肉は駄目なのか、すぐには理解できないし、ベジタリアンにしても、動物は食べないのに、どうして植物ならば良いのか、その根拠も寡聞にして分からない。
動物も植物もその祖先は同じで、進化の過程でそれぞれの形に別れた生物である。
当然ながら植物にも生命があり、もしかすると人間よりも優れた知恵があるのかもしれない。
ただ形状やその生き方が異なるたけで、植物もボクたちと同等の生き物である。

クジラやその仲間のイルカに関して、自然保護や動物愛護を声高に唱える人たちのヒステリックな行動も、その根拠にしている理屈がどうにも分からない。
可愛いからとか、脳が発達しているからとかの理屈は、分かるようで分からない。
牛も馬も豚もウサギも可愛いし、それぞれ賢い。
クジラやイルカと何の基準が異なるのかが分からない。

ボクたちは何かを食べなければ生きて行けない宿命にあるので、必ず生物の生命を食べている。
可愛いい筈の動物たちも平気で食べている。
上野には犬を食べさせるお店もある。

食事の前の「いただきます」は食事を与えてくれる親やホストに向かっての感謝の挨拶だと、子供の頃は思っていた。
命をいただくことだと気付いたのはずっと後のことだった。
だから飽食は褒められた行為ではないし、ましてや美食などは本来は倫理に反することだ。

でもボクたちは恥知らずにも、美味しい食べ物を求めるし、お腹いっぱい食べたいと思う。
食材の味や美しさを追求する有名料理人もいれば食文化というジャンルも存在する。
食習慣などの言葉もあり、世界にはそれぞれの国や地方に合った個性豊かな食の形がある。

もともと、ひとつの命を殺して、それを食べることについては、矛盾や欺瞞に満ちている訳だが、普段の生活では、その暗闇の部分は意識から葬って生きている。
そうしなければモノ食う存在はしんどくて、とても生きて行けない。

しかし、多くの心ある人たちは、そのことを知っていて、胸の中で手を合わせながら、「いただきます」と食べ物を口に運んでいる。
それは自然なことである。
そう思うと、動物愛護だの、食べ物の禁忌だの、菜食主義だの、いかにもそれが正しいことのように唱えることに何を今さらとの違和感を禁じ得ない。
食べてよい物といけない物の境界線とその理屈がよく分からないし、押し付けがましく感じる。

食べ物などはまだ分かり易い方で、世の中は理解不能な分からないことに満ちている。
現代の医学の分野でも病気の60%以上が病名もつけられず治療が出来ないと聞いているし、自然科学の分野でも解明されていることはごく僅かだ。

しかし、科学の世界では少しづつだが着実に色々な事実が明らかにされているし、時間を掛ければそれなりの成果が期待できる。
一方、人間の暮らしを含めて、人間の作る世界は、益々複雑で訳の分からない事象を増やして行くのではないかと思えてならない。

その原因の根本は欲望と恐怖だと思うが、それが世の中をややこしく、分かり難くしていく。
そして、分かり難い事象とは、つまりは不自然なことなのだと思う。

科学や学問の世界はともかく、人の暮らしは、余り突き詰めすぎると窮屈になっていく。
そして原理主義に陥り、自らの自由を奪っていく。
行き過ぎた管理や規則や約束事は、往々にして本来の目的を見失い、それを守ることが目的となり、がんじがらめの世の中を生み出す。

白と黒だけではない曖昧な世の中、猥雑で自由な世の中が面白い。

      「有れば良し 無くても良しの 風来坊」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


道の選択

愚にもつかない、実に下らぬ与太話で。

ボクは月に一度、病院に通っている。
もうかれこれ7~8年ほどになる。

その病院は会社から200メートルほどの距離にあるのだが、つい最近になってフト気付いたことがある。
それは、病院への行きと帰りで、必ず違う道を通っていることだった。
と言っても、道の選択は2通りしかない。

病院に行く時は、会社を出てから、すぐの所に左に入る狭い路地があるのだが、そこは曲がらず、道をまっすぐに行き、次の広い道を左に曲がり、少し行った次の道を右折してしばらくの所に病院がある。
行く時は必ずその道順を選んでいる。

帰りは病院を出てまっすぐ行き、来た時の広い道を左に曲がらず、そのまままっすぐに行くと狭い路地の出口がある。
そこを左に入って会社に戻る。
地図が無いと分かり難いが、要するに、行く時は狭い路地を通らず、帰る時はその路地を通っている。

永い間、例外なく行きと帰りの道の選択に関して同じ行動パターンを無意識のうちにとっていたことにハタと気が付いたのだった。
なぜ、行きと帰りで異なる道を選んでいるのか、それも意識することなく選んでいるのか、それには何か理由がある筈だ。
会社を出て、すぐに路地に入り、狭い路地を抜けた所を右にまっすぐ行けば病院にたどり着く。

しかし、その道順で行ったことが一度も無いのはなぜなのか。
その理由がなかなか思いつかない。

こんなどうでも良い、実につまらないことだが、一度不思議だと思うと、その訳が知りたくなってしまう。
自分自身の行動なのに、どうしてその理由が分からないのだろう。
そのこともまた不思議だ。
どちらのコースでも距離は変わらないし、ハテサテ。

行きと帰りとで異なる道順の条件、あるいは共通する条件とは何か。
それで気付いたことがある。
そして、それを取りあえず、行きと帰り道の違いの理由に決めた。

それは、人は一旦歩き出すと、出来るだけまっすぐの道を行きたいとの願望があるからではないのか、ということだった。

散歩でブラブラ歩くときは知らない路地などに迷い込み、興味をもって楽しむことも多いが、例えば病院へ行く、というようなはっきりとした目的がある時は、ひたすらその目的地に早く辿りつこうとの意思が働く。
そういう場合、目的地に一直線で進みたいと考えるのは自然だ。
特別の近道がある場合はともかく、距離が同じ時は途中で曲がろうと思わないのではないか。

病院へ行く時、会社を出てすぐにある狭い路地への道に曲がらないのは、そのまっすぐ行きたいとの本能が働くからではないのか。
その逆に、帰りは早く会社に戻ろうとの意思を持ち、病院を出て、150メートル程を、とに角まっすぐに歩ける。
途中に、来た時の左に曲がる道を曲がることなくまっすぐに行く。
そして狭い路地の出口を曲がり、会社に戻るのではないか。

今の所、それ以外に思い当たる理由は見つからない。
あーあ、それにしても、バカバカしいお話で申し訳なくなってきた。

しかし、生きて行く上でまっすぐに歩み続けることは至難の業である。
必ず途中で迷ったり、よれたり、逆の方向に向かったりする。
それには外的要因もあるだろうが、本人の意思の持ち方も大きく影響している。
人生が余りにも紆余曲折が多いので、せめて道を歩く時くらいは出来る限りまっすぐに進みたいとの深層心理が働くのだろうか。

今月初めに会社を引っ越した。
これまで居た場所から300メートル程離れた所に移った。
病院へは少しばかりは遠くなったが、少なくともひとつだけ良い点がある。
それは会社を出てから病院まで、一度も曲がることなく、まっすぐに行ける、ということである。

      「道選び 曲がりくねりつ 転びつつ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR