fc2ブログ
ホーム   »  未分類
Category | 未分類

2022年にボクたちが目指す「ものづくり」

新しい年を迎え、謹賀新年の挨拶が早くも寒中見舞いに変った。
時間の経つその速さに胸が詰まる。

一年の計は元旦にあり、すでに1月も残り少なくなったが、サテ今年をどういう一年とするのか。

アメリカや欧州ではピークを越えたといわれるオミクロン株が少し遅れていま日本各地で猛威を振るっている。
コロナ感染の第6波は誰もが予測していたが、感染力が尋常ではないようなので、仕事への影響はこれまで以上に大きいだろうと警戒している。
今年もまたコロナに振り回される1年になるとの覚悟とその備えが必要のようだ。

ところで、昨年の12月から年初にかけて、NHKを中心にオルタスジャパン制作の番組が10本ほど放送されたが、その中にコロナ時代の生き方をテーマとした番組が2本あった。
共に筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一氏をメインキャストとするドキュメンタリーだが、ひとつは暮れにNHKBS1で、あと1本はNHK総合での放送だった。

この年初の「落合陽一と考えるコロナシフト後の日本のものづくり」は示唆に富む内容だった。
わが社で制作した番組について、これまでブログでコメントしたことはないが、今年一年を考える上で制作会社にとっても多くのヒントがあると思い敢えて筆を執った。

かつては、ものづくり王国として世界をリードしていた日本だったが、今や衰退の一途だ。
その大きな理由のひとつが、大手企業の基礎研究所の廃止にあったという。

この30年余、日本の企業はアメリカにならい株主重視の経営スタイルに変えた。
その結果、企業は株主の要求通り、より短期的な利益を得る道を選ぶことになり、時間を掛けたものづくりを止めた。
すぐに利益を生み出さない基礎研究所がまっ先に切られ、それまで多様な製品開発を支えてきた研究開発の場が次々と企業から消えて行った。
こうしてイノベーションに必要不可欠である基礎研究が企業から姿を消したのだった。

ノーベル賞を受賞した大隅良典さんや本庶佑さんなど一流の研究者たちが産業界にとっての「基礎研究の大切さ」をテレビカメラの前で強く訴えていたことを思い出す。
いつ成功するか、何が成功するか分からない基礎研究だが、これがおろそかになれば応用研究も成果を出せなくなる、と多くの研究者たちが危惧する。

かつて「失われた20年」と言いながら、その失われた意味を見直すことなく、なお効率と生産性をスローガンに掲げ続けてきた政界と財界、それを黙々と見過ごしてきたマスコミの責任は大きい。
そしてとうとう「失われた30年」となって現在がある。

ものづくりの企業にとってイノベーションの再生が必須だが、その土台となる基礎研究をはじめ、選択と集中に縛られ自由気ままな試みができない現状等々、イノベーションの生態系が崩れてしまったいま、改めて求められるものは何か。

落合陽一氏は「日本のものづくりを考え直すことが活力を取り戻すカギになる。そのために必要なのが本当の意味のイノベーションである」と言う。
そして「日本ではイノベーションを技術革新と誤って訳しているが、技術的に新しいことが重要なのではなくて、新しい価値を生み出すことが大切だ」と説く。
IT産業の先端技術だけがイノベーションを産み出す訳ではないというのだ。

世は常に変化していく。
その時々でものの価値も変化する。
いまはコロナが世界中の人びとの暮らしの形を大きく変えた。
この変化の中で人びとは何を必要とし、何を求めているのか。
何が人びとを豊かにさせるのか。

その価値あるものを創りだすことが必要だ。
新しい技術ではなく新しい価値を創造するものづくりこそが求められている。

この考えは、そのままボクたちテレビ制作の現場にも当てはまる。
テレビはいま、ネットメディアの大波の前で、その存在の意味が問われている。
これまで日本国内の動きだけで社会的にも経済的にも完結してきたテレビだったが、グローバルなネットの波はそれを許さなくしている。

ソフト面から見れば、テレビとネットの境界線はお互いに乗り入れ合っていて曖昧だが、経済面からだとすでに広告費収入はネットがテレビメディアを上回っている。
年齢層の低い世代のテレビ離れも顕著で、テレビ局の危機感は大きい。
実際にテレビ局の経営は厳しいようで、制作費は年々下がっている。
公共放送も政府から受信料の値下げが求められ大幅な制作費の削減が行われている。

そんな状況の下でボクたち制作会社はどういうソフトづくりをするのかが、まさに今求められているイノベーションである。

ところで、ボクたちの会社には二つの原則がある。
ネットメディアを視野に入れた仕事もしているが、実態としてはテレビ番組制作がボクたちの主たる仕事であり、中でもドキュメンタリーに軸足を置くことが原則のひとつである。

これは創業以来30余年続けて来たことであり今後も変わることはない。
そしてこの長年積み重ねて来たドキュメンタリー制作がボクたちの大きな武器であり、近い将来、ネットメディアでその力を発揮することが出来ると考えている。

もうひとつはスタッフの自主管理である。
会社組織である以上、ルールはあるが、規則や約束ごとは可能な限り少なくしている。
本当にこの仕事をしたい人たちが集まり、自由気ままに活躍できる場所にしたいと願っている。
ひとりひとりの個性や特徴を存分に生かせる集団でありたい。
数少ない約束ごとは必ず守るが、仕事については自分で律する自主管理、責任を周囲の所為にしない自立の精神を持つ個々の集団だ。

このふたつがボクたちの会社の原則だが、今後もこれを踏まえて価値あるソフトを産み出して行きたい。
そのために、遠回りかもしれないが、いま一度原点に立ち戻ってボクたちの仕事の意味やあり方を見つめ直すことが役立つかもしれない。

なぜこの仕事を選んだのか、何を伝えたいと考えているのか、何を伝えなければならないのか、それをどのように伝えるのかを改めて自らに問い直す作業だ。

何より企画がボクたちの命である。
価値ある企画を産み出すために一番大切なのはしっかりとした世界観を持つことである。
企画力とは、いまという時代を観察し、時代を捉える力である。
そして森羅万象それぞれの事象からその奥に潜む真相を的確に映像と言葉にしていくこと、この誠実な姿勢があれば自ずと価値あるソフトを発信できると信じている。

そしてそのソフトは必ずテレビ、ネットなどメディアを問わす人びとの心を揺さぶる力と魅力を持つ筈である。
これは、これまでずっと語り継がれてきたドキュメンタリー制作の基本なのだ。
いま一度、これら基本に立ち返り、今後の制作活動を継続して行きたいと思う。

この春4月には6名の新入社員がスタッフに加わってくれる。
ベテラン、中堅、そしてフレッシュな若者たちと共に力を合わせて価値あるソフトの制作にチャレンジしたいと思っている。

  「ボクたちも コロナも必死の 春が来る」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ






新入社員たちがやって来た

この4月1日から4名の新入社員がボクたちの仲間入りをした。
コロナ感染に配慮しながらの入社式に始まり、10日間の研修を終え、それぞれが各番組プロデューサーの下で働き始め、早くも1ヶ月が経つ。

将来有望な若者たちが、毎年門を叩いてくれることは有難いことだ。
当然のことながら、新入社員の誰もが、番組の制作は初体験だから、右から左まですべてが一からのスタートだ。
恐らく、見ること聞くことのすべてが新鮮で、同時に不安であるに違いない。

そんな新入社員たちが研修課題で制作した10分余の映像を見て頂ければ幸いである。
新入社員が聞く!オルタス2大巨頭へのインタビューで見て頂ける。
この若者たちが、今後どのように成長してくれるのが楽しみである。

他の業界同様に、ボクたちの仕事でも10年がひとつのメドとなる。
例えばディレクターの場合、10年勤続すると一通りの作法を身につけることができる。
入社一年目でも企画次第でディレクターをするケースもあるが、一般的には入社して3年目ほどでディレクターとしての役割を与えられる。
しかし、実際にはまだまだで、周囲のベテランスタッフたちに面倒を見て貰わないと、その役目は果たし切れない。

基礎となるスキルを磨くのに少なくとも10年は必要だということだ。
何事もスピードが求められる現代だが、この10年という時間は、どうにも短縮できない修養期間なのである。
そして、ここまで頑張りきれた者だけが、この仕事の面白さや楽しさを体感し、喜びも知ることができるし、給料もそれ相応についてくる。

さらに付け加えれば、一人前のディレクターなり、プロデューサーなりになるためには、それから更に10年はかかる。
合わせて20年、ここまで来て、初めて人前で制作者と言える存在になれる。

しかし、残念なことに、この最初の10年を我慢することができない人たちも多い。
理由はさまざまだが、辞める人たちの多くは1~5年でギブアップしてしまう。

もっとも、ボクを含めて人は誰もが、自分の思い込みと勘違いで生きている。
実際そうでなければ生きてなど行けないのだか、特に若いうちは目の前しか見えない。
しかし、この確実に存在する「10年」の真実は知っておいて欲しいといつも思う。

この春で入社して満10年を迎えたスタッフのひとりから、つい最近メールが届いた。
本人の承諾を得たので少し長いが引用させてもらう。

「僕がオルタスに来て、この4月でちょうど10年です。
中途で入りましたが、正社員にまでしていただき ありがとうございます。
同期は、僕以外に2人の新人がいました。もう2人ともオルタスにいませんが、入社式の際 3人で聞いた社長の話をよく覚えています。
「いまはやる気に満ちているかもしれないが、いつか魔が差すときがある。やめてしまいたい時がいつかきっと来る。その時は、きょうの入社式のことを思い出せ。なぜ この仕事をやろうと思ったのか。初心に帰れ。」と言った内容だったと記憶しています。

じつは、その“魔が差すとき”は、僕にとってはオルタスに入社した2011年だったと思います。その1年は ディレクター人生で1番苦しい1年でした。
自分の実力不足から来る壁で仕事が上手くいかなかった事もありますが、とくに震災関連の取材で気持ちが擦り減ってしまいました。
自分の言葉で取材相手を傷づけてしまったかもしれない。あんなに取材させてもらったのに、放送実現することが出来ない無力さ。など

それまでディレクターをやめようと思ったことは1度もありませんでしたが、あの時は一瞬 頭をよぎりました。
その時に、社長の入社式の言葉を思い出しました。
「人を救いたい。自分の作ったモノで 1人でもいいから救われる人がいてほしい。」僕の初心はそこにあり、踏みとどまることが出来ました………(後略)」

会社設立以来30余年で何人の人たちが入社し、去って行っただろう。
初めのうちは思い留まるよう説得に努めたが、途中で考えを変えた。
去る者は追わないことを原則とすることに決めた。
それには理由がある。

ボクたちの会社設立の意図は単純明快だった。
「あっと世間の人たちを驚かせるような番組を作りたいね。それをドキュメンタリーでやりたいね」
こうして「ドキュメンタリーを志す者はこの指止まれ」で集まった人たちて始まり今に至る。

お笑いでもアートでも旅でも音楽でも文学でも政治でも経済でも事件でも戦争でも、何でもござれ、ジャンルやテーマは問わない。
制作者がドキュメンタリーだと言い切れればそれはドキュメンタリーだ。
現在を切り取ろうと、過去を描こうと、それを「今」放送することの、しっかりした意味や意義さえあれば良い。

そして、本当に番組を作りたいと望み、番組を制作することに喜びを求める人たちだけの集団であることを目指して来た。
それは会社の設立当初から今日に至るまで変わることのない原則である。

「ドキュメンタリー制作はお金になりませんよ」とは何度も聞かされた忠告だ。
そのことは身に染みて知っているし、お金の大切さも知っている。
そしてドキュメンタリー制作という仕事と、この仕事がもたらす利益とのギャップに悩み続ける毎日だ。

それを知りながらも、この仕事の面白さに魅せられて気が付くと55年余が経つ。
ボクたちの会社はそんな志を伝統としている。
「この仕事が好きで、楽しい」がキーワードだ。

だから、別の価値を求めて、それを見つけたり、ボクたちの会社では楽しさを見つけられなくて職を辞そうと決心した人たちを引き留めることは無理を強いることだと気づいた。

勿論、どのスタッフにも心を注いでいるので辞職の言葉を聞く度に胸にグサリとくるし、また同時に、ボク自身の彼らに対するケアーの足りなさを申し訳なくも感じるのだが、これも縁だと思うことにした。

政府の新自由主義の経済政策の下、大企業が終身雇用を放棄し、生産性と効率を重視する競争社会を目指すようになって以来10数余年、弱い者が切り捨てられ、強い者だけが生き残れる格差社会となり、転職やアルバイトが奨励され、会社や仕事そのものに対する考え方も大きく変化し、さらにネットの発展と軌を一にして、特に、ここ数年若者たちの就職後の動きが激しく不安定になったと感じている。

しかし、ボクはそんな世の中の流れを意識しながらも、多種多様な異なる考えや感性を持つ人たちが集まり、番組や映像制作に挑む、そしてその仕事に一生を託す情熱と喜びを持てる、そんな会社にしたいと願って来た。
本気でこの仕事をしたいと望む人たちがいる限り、力のある者がまだまだ未熟な者を助けながら共に力を合わせ共存できる、そんな会社だ。
それが今のボクの夢である。

そのためにも、一人前のディレクターやプロデューサーを目指して日々頑張っている若者たちが、気持ちよく、楽しく、真っすぐに成長していける環境を整えなければならない。
快適な職場作りとすべてのスタッフの意欲を削ぐことの無いよう、さらに一層の努力をしたいと思っている。

キラキラと輝いている新入社員たちを迎えて、改めて思うことである。

     「情熱と 夢で楽しむ 浮世かな」



にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ



とりとめもない男と女のおはなし

続きを読む

住みやすい世の中

続きを読む

苦しいときの神頼み

毎年、年明け早々には会社の近く、赤坂山王下にある日枝神社で数人のスタッフと共にお祓いをして貰うのだが、今年は少しばかり時期をずらしての初詣となった。

境内は人も少なめで、緊急事態宣言下でもあり、コロナ感染予防の宣伝がよく行き届いている様子だ。
それでもお祓いに来る人たちは後を絶たず、20数人が一緒に祈祷を受ける。

ソーシャルディスタンスとやらで透明のビニールで仕切られた中で聞く巫女の神楽の鈴の音も弱々しく、いまひとつ冴えない。
神様の力を以ってしてもコロナには歯が立たぬようだが、そんなことは皆も百も承知の上で、一同揃って神妙に頭を垂れている。

神主の唱える祝詞を聞いていると、都内は勿論、千葉、神奈川、茨城など遠くからわざわざ出向いている人たちの多いことにも、いつもながら驚く。
これが信仰なのか、はたまた慣例に従った、ただの行事なのか、ボク自身も良くは分かっていない。

大阪府堺市のボクの実家は代々浄土真宗で、法事の際には親戚一同が集まり、真宗のお坊さんを家に呼んで経を唱えて貰い、説教を聞く。
近所付き合いだからと宗派の異なる日蓮宗の寺にも祖父が形だけのお墓を作るのを子ども心に不思議に思ったこともあった。
小学生の頃まで台所にカマドがあり荒神さんを祀っていた。

現在、ボクたちの会社には神棚があり、榊を欠かすことはないが、この神棚は実は32年前に会社を設立した際に、知り合いの天台宗の尼さんにお願いして祀って頂いたもので、正確には密教の仏壇である。

そこに日枝神社のお札を祀っている。
その仏壇を祀ってくれた天台宗の庵主さんによれば、日枝神社の日枝(ヒエ)は比叡山天台宗の比叡(ヒエ)とつながるので、神でも仏でもまったく問題はありませんと笑顔だった。
どこをとっても、神仏混交で、実に大らかだ。

さて、ここからはボクの妄想の与太話となるので真面目に受け取らないで頂きたい。

毎日、神棚の榊の水を代えては手を合わせるのだが、信仰心があるか、と問われたら「ありません」と答える。
それでは信仰心は無いのか、と言われれば「あるかのかもしれません」と、これも曖昧である。

それではボクは何に向かって手を合わせているのか。
仏壇の神棚に向かってはいるが、お釈迦様でも、ましてや天照大御神でないことだけは確かだ。
実はボクは無宗教なのだ。

ところで、現在も大差はないとは言え、特に大昔の世界は食料も乏しい上に自然災害も多く飢えや疫病に苦しみ、常に戦争の絶えることのない世情不安定な時代が延々と続き、人びとは貧困や恐怖や不安に満ち溢れる中で日々を送っていたであろうことは想像に難くない。

灯りも乏しく、一日の半分以上の時間は真っ暗闇の中での暮らしだった。
迷信やお化けや妖怪も簡単に受け入れられただろう。

そして苦しく絶望的な日常の中で人びとは救いを求めていたに違いない。
何か安心できるもの、せめて心だけでも平安を約束してくれるものを渇望していただろう。
仏教やキリスト教やイスラム教など現在も存続する宗教はそんな人びとの救いの受け皿として信仰の的となったと思われる。

世の中の実相や真理を探究し人の生き方を追い求める哲学にプラスして神や仏などの絶対的権威を加えたのが宗教だとボクは理解しているのだが、神や仏は人間が創り上げた概念である。
とても優れているが、いわばフィクションであり方便だから誰も神に会うことは出来ないし、ましてやその存在を証明することもできない。
信じる人びとの心の中にだけ存在している。

それでもそれで救われるのだとすれば、その価値を否定するものではない。
何を信じようと、救いを求めようと、それはそれぞれの自由だ。
哲学の真理だけでは人は救われないのだ。

しかし宗教は人を救う役割を果たす一方で、ずいぶん大きな悪さもして来た。
教祖と呼ばれる人たちが説いた真理や教理が弟子と称する人たちや後世の多数の人びとによって新たな考えが加えられ、また多様な解釈がなされ、ある意味では改ざんされて来た。

それらの宗教は体系化されて組織化され、いくつかの宗派に分かれ、それぞれが巨大な教団となる。
そして権力化した組織は、永く続けば続くほど腐敗する。
腐敗した宗教は人びとをひとつの考えに縛り付け、人びとの自由を奪い、しばしば誤った方向にも導く。

人間はエゴを捨て去れない生物だから、それぞれが自分の都合の良い形で宗教を利用することになり、その宗教が求めていた教理とはまったく別の方向に向かって暴走することにもなる。

その時代、時代に沿った形で政治権力に利用された宗教は、原理主義に背中を押され、元来の教理を忘れ去り無法化もする。
その宗教の存在が巨大であればあるほど悪への暴走はさらに巨大化し誰にも止めることができないものとなる。
本来が善良なる人びとも内なるエゴを抑制できずに暴力にも頼る暴走に巻き込まれていくことになる。

そんな無数の事例をボクたちは歴史に学んだし、そして今も、同じ現象を日常の世でも十分に見聞きし体験している。

科学が進歩して、宇宙や地球の誕生から始まり、生物がどのように進化して人類が現在に至ったのかのあらましも徐々に明らかになり、さらに人類の滅亡から地球や宇宙の消滅までの時間も予測できるようになった。
まだ科学で解明されない事象は圧倒的に多いが、理屈に合わない不思議はなくなった。

それでも多くの人が神という名のフィクションに縛られ続ける不思議な世界が存在している。
人はそれほどに宗教を必要としていることは確かなのである。

そして絶対的権威を戴く宗教を嫌い無宗教者だと称し、哲学に価値を認めながら、会社の一隅に神棚を祀り、毎日手を合わせている自分がいる。

人間は祈らないではいられない弱い動物だからなのか、依頼心が強いのか、あるいは全宇宙の法則を支配するまだ解明されていない偉大な力に対してなのか。

いやはや、どれもがそうであるようで、そうではないようだ。
ボクの場合、その正体はしばしば訪れる「苦しいときの神頼み」であることがどうやら一番本音に近い答のようである。
  
  「神仏よ これが最後よ お願いよ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ



プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR