FC2ブログ
ホーム   »  未分類
Category | 未分類

銀行マンたちの新たな挑戦

この夏、旧財閥系のメガバンク二行からお誘いがあり、それぞれの集まりに出席した。
ひとつは毎年この時期に行われている懇親会で、もうひとつは周年記念のパーティーだった。

ボクたちのようなちっぽけな制作会社が、どうして招いて貰えるのか?とも思うのだが、それはさて置き、とても有難いことと感謝しながら参加させて頂いている。
そんなことを含めて、月に何度か銀行マンとお会いするのだが、各行ともに、その営業方針をこれまでと大きく転換させていることが分かる。

店舗数を削減したり、窓口を縮小したり、人員のリストラも進めてきているが、現在も今後もその方針は変わらないようだ。
マイナス金利の冬の時代をどう乗り切って行くのかが各銀行の大きな課題である。

過去には懸命に預金を募っていた時代もあった。
しかし、お金があり余り、その使い道に苦労している現在では「預金などされても、たとえ僅かでも利息を払わなければならないので、下手に預金などして貰わない方が良い」とまで銀行マンが言い切る時代となった。

企業に融資しても、低金利で大きな儲けに繋がらない。
国内での儲けが見込めず、海外への投融資が60%を占めると言われているが、リスクも大きくアメリカや韓国を初めとして大きな損失を蒙っていることもすでに報道され人びとの知るところとなっている。

「これまでは、ノルマが求められ、優良な会社に融資すれば、例えば10点とかの得点がついたが、今は融資の実績は評価されず、点数がつかなくなった」と銀行の管理職は言う。
その言葉通り、ここ半年ほど各行から積極的な融資の誘いがなくなっている。
もっとも、今のところ、十分な融資を受けているという理由もあるが、その気配は銀行マンの言を待つまでも無く強く感じていたことだった。

これまで、融資話が中心だったのが、今では手数料や、ドル建て預金などの投資に近い話や証券、保険、各種カード、それに遺言状の作成に至るまでこれまでに無かったさまざまな案件の勧誘が行われるようになっているからである。

「これまでの営業は方針が定まっていて、その方針に従い、上からの命令や指示で動いていたのだが、今は、何をすれば良いのかを自分たちで考えろ、と言われ、連日、何をどのように営業すればよいかの議論をしている」とも言う。

経済のことはトンと分からないが、日本経済はデフレからの脱却が出来ずにお金が回らない。
経済成長が見込めない中、大企業は有り余る利益を設備投資や給与には投じずに社内留保として貯め込むばかりでお金を使わない。

また大企業や金持ちなど富裕層への優遇政策が進められ、法的にも又貧富の面でもどんどん格差が広がる一方で、圧倒的多数を占めるボクたち庶民は自分たちの将来への不安から無駄なお金を使わないのは周知である。
庶民の将来不安は政府が考えているよりも大きく、深刻で、その財布のヒモは硬いのだ。

今回も経済成長率を下方修正したように経済成長を前提とした政府の政策は目論見通りには果たせず、いよいよ消費税の増税を持ち出し、何が何でも庶民の金を奪い取ろうとしている。

もともと、銀行は世の中にお金という血液を送り込む心臓のような役割を担っている、と言われて来たのだが、お金という血液が円滑に回らないので、重度の体調不良の状態にあるのが、どうやら日本経済の実情であるようだ。
銀行が本来の役割を果たせないとすれば、それは単に銀行の危機ではなく、日本の危機でもあるのだろう。

都市銀行はともかく、都市部と地方の格差が大き過ぎ、地方銀行はその経営が危ぶまれているようだ。
やがては銀行というシステムそのものが消滅することになるだろう、という専門家もいる。

銀行の管理職が語るように、歴史の転換期でもあるそんな現況の下で「自分たちが何をどうすれば良いかを自分たちで考える」ことを銀行マンたちそれぞれが求められている訳だが、確かにしんどいけれど、良いことだし、必要なことだとボクは思う。

縦系列の構造範囲とは云え、自分たちで考え、自分たちの考えで動くことは、権力者や一部経営者にとっては、場合によっては危険と隣り合わせのことであるかもしれない。
しかし、かつて為政者たちが、学問や新しい情報を民衆から遮断し、一部支配階級だけで独占し、多くの国民を衆愚にして操った時代はすでに存在しない。

そして、命令一下やマニュアルでなく、自分たちの考えで動く時は、主体は自らに在り、過程や結果を含めての苦労や成果を上司や会社や世の中の所為にはできない反面、達成感も得られる。
そしてまた一方、自分の努力や能力不足を棚に上げて、すぐに環境や他人の所為にする現在の風潮の中で、言い訳の効かない形の自己責任の重さを知り、その結果として、自分が大きく飛躍し成長する絶好のチャンスと思えるからである。
そういうスタンスで仕事に取り組まないと、グローバル化し多様性を求める企業間競争で生き残っていけない時代でもあるのだろう。

窮地に在る銀行マンたちの新たな挑戦は、そのままボクたち業界でも必要とされるのと同じ挑戦でもあるのだ。

   「掃除機に 吸われるが如く とき移る」




にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






見ざる、言わざる、聞かざる、

続きを読む

キャッシュレス社会の到来

近頃では、タクシーに乗っても「お支払いは現金ですか、それとも……」と聞かれることが多くなった。
中国からの観光客で賑わう沖縄の島々では、キャッシュレスが進んでいるとは聞いてはいたが、いよいよ、ボクたちの身近に浸透し始めている。
スーパーでも店員がお金に触れないシステムがどんどん進んでいるし、すでに、現金支払いお断りの飲食店も現れている。

政府は2025年に開催される大阪・関西万博に向けて、電子決済の普及を進めていくと発表したが、それを受けての動きが加速している様子だ。
人工知能の開発と相まって、その勢いは益々早く、多方面に行き渡っていくのだろう。

そう云えば、昔は給料袋などというものもあったが、現在、給料が現金で支払われる会社はほとんど無いのだろうな。
ボクたちの会社でも、給与を含めてすべての支払はネットバンキングで行うようになって久しいし、国内の取材はともかく、西欧諸国ではカード決済がほとんどだから、仮払いの現金の出入りも少なくなっている。

ボクは代表取締役をしているのでボーナスとは縁が無いが、スタッフがたまには現金で受け取るのも一興だろうと、袋に入れて支給したことがあったが、経理から袋詰め作業が大変だと泣きが入り、それ以降行っていない。
年に一度の決算書もわざわざ税務署に届けに行かなくてネットで済ませるようになった。
確かに、便利良くはなったのだろう。

キャッシュレス社会では、払った、払わないなどのもめ事はなくなるし、色んな手間は省けてコストの削減はできるし、お金を盗られる心配もしなくて良いし、国は国で脱税を含めて国民のお金を管理し易くなる。

何だか良いことづくめのようにも思えるが、ボクには困ることがある。
キャッシュレス社会に絶対必要なツールはスマホなのだが、ボクは生憎スマホを持っていないし、持ちたくもないと思っているからである。
仕事はパソコンでやれば良いし、持ち歩くのは電話とメール機能だけで十分だ。

昨今は電車に乗っても、喫茶店にいても、道を歩いていても、目に飛び込んで来るのはスマホの風景ばかりだ。
国民がスマホに支配され、スマホに踊らされているかのような図は薄気味悪い。
毎月高いお金を払い、嘘か真か分からない情報に振り回され、個人情報を自ら積極的に提供している。

キャッシュレスに向けて、ナントカPAYに、今すぐに申し込めば無料ですよ、などの広告も目にする。
世の中にタダのモノなど存在する筈はなく、無料の裏には巧みな商法が隠されているのは当然だ。
スマホに頼らなければ目的地に着けない、人たちも増えている。
便利良さと引き換えにボクたちは自らを窮屈でせせこましい社会に身を投じているかに映る。

時代遅れの年寄の繰り言を散々並べ立ててはみたが、実を言うと、ボクは世にも稀な機械音痴なのである。
取扱説明書の類は本当に苦手で、過去に何度か挑戦を已む無くさせられたが、満足に成功したことがない。
周囲の年配者たちが新しく手にしたスマホと悪戦苦闘している姿を目にするにつけても、ああ、恐ろしや、と思っているだけのことである。

つい先日、ボクが現在使っているガラケーが、今年の11月で使えなくなるとの衝撃的な話を耳にした。
正確には、電話とSMS機能だけになるとのことだった。

四六時中スマホを手放さず眠る時も抱いて寝ているスマホ党の妻などは
「会社でスマホを持っていないのは貴方だけで恥ずかしいから、これを機に早く買い替えなさいよ」
などと気軽に言う。

どうやら、キャッシュレス時代の到来を待つまでも無く、これほどまでに嫌なスマホを手にしなければならない日が、刻一刻と近づいているようだ。

      「悪徳に 乗ってみるのも 世の流れ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



過去の幻影からの脱出

続きを読む

平穏な時代に生きるボクたちの役割

相も変らぬ与太話で。

ボクの知る限り今の若い人たちは、政治の話をしない。
いつの頃からかは分からないが、若者たちの間では政治に関する話題がタブーになっていることだけは間違いのないことである。
その理由を聞くと、余計な議論を避けるため、との答えが圧倒的である。

政治が人びとの関心から遠いということは、世の中が平和で平穏である、ということのひとつの証でもある。
しかし、政治への無関心は政権与党のみならず野党も含めて政治家の質の劣化を許し、政権の怠慢と傲慢と独善を招くことになる。

衆院選の投票率を見ても、前回、前々回は戦後最低だし、特に20歳代の投票率が30%台と他の世代に比べて最も低い。
当然、これからの日本がどこに向かって舵を切っているのかにも関心は薄い。
それでもボクたちは平和ボケの真っただ中にいるので、平和ボケの意味すら分からないでいる。

かつて日本はアメリカに無謀な戦争を仕掛けた。
そして屈辱的な敗戦から今日に至るまでの70数余年、幾多の困難を乗り越えて日本人は経済的繁栄を体験した。
その意味では、戦後日本に生きるボクたちは、とても平和な時代を生きることが出来た稀有な国民である。

こんなにも長期間に渡って戦争を避けて来られたことは奇跡に近い有難いことである。
そして、平和であることが当然の事で、この状況がずっと続いていくのだとの錯覚の中で現在を生きている。

それもその筈で、敗戦から74年を経た今では、悲惨な戦争を体験した者はごくわずかとなり、ほとんどの日本人は言葉としての戦争しか知らない。
戦争で体験した苦しみや悲しみは、とても残念なことに、次の世代に伝承することが絶対にできないことをボクたちは歴史から学んで知っている。

日本維新の会の35歳の議員の北方領土を巡る戦争肯定発言なども平気で飛び出す時代になった。
武力を行使して相手から勝ち取るというのはいかにも単純で分かり易い論理である。
一部の好戦的な勢力にとっては、いかにも潔く、闘争本能を刺激されることだろうし、恐らく、この戦争肯定論発言は氷山の一角だろう。
そして、敢えて言えば、これまで戦争がその役割を果たして来たことは歴史上の事実である。

繁栄は衰退の始まりであり、平和は戦争への入り口であることもまた歴史の真実だ。
必ず、その時々に応じて都合の良い「正義」が唱えられ、その正義の下で「聖戦」が意図的に画策され実行される。
そんな歴史の流れの中に現在と近未来の日本の姿が幻影のように、見える。

遠く翻って見れば、暗黒時代の代名詞ともなった中世のヨーロッパではキリスト教が支配し、ローマ法王のお墨付き一枚あれば、異教徒を殺害し、その財産を略奪することが正義とされた。
どれほど多くの血が流され、人びとが苦しんだことだろう。
イスラム圏に攻め入った十字軍の遠征はその極め付けで、キリスト教とイスラム教との戦いは姿を変えて現在もまだ続いている。

やがて、侵略や略奪の大義名分はキリスト教による「異教徒征伐」から国家間の「野蛮征伐」に変わる。
相手に対し野蛮だとの言いがかりをつけることが出来れば、殺戮は勿論、領土や金品の略奪の名分となった。
スペインがインカ帝国を滅ぼしたのも、アメリカ大陸で他国からの移住民である白人が原住民であるインディアンを殺してその土地を奪うのも、大義名分は相手の野蛮性である。
そして、それらの残虐的な行為のすべてが正義による行為と国際的に正当化されて、現在の栄える国々が存在している。

開国後の明治維新政府が最も恐れたのもそれで、文明開化を急いだ。
慌てて士族への帯刀禁止令を出したのも、「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」と流行り歌でも詠われたチョンマゲ禁止令も、西洋建築物を建て、和服から洋装に変えたのも、西欧列強に野蛮との大義名分を与えて侵略されないようにするためであった。

中世キリスト教世界の異教徒への残虐行為も、野蛮な存在だから滅ぼすことは正義だ、などが大義名分として認められること自体が呆れるばかりで、どう考えてもバカバカしいとしか思えないのだが、それが人間の現実の世である。
同じことは、歴史には数え切れないほど存在しているし、現在でも飽きることなく同じことが繰り返されている。

近くでは、穢れた血を持つユダヤ人の抹殺を大義としたナチスドイツの大量虐殺も、西欧列強からのアジア支配解放を大義としたわれら日本の朝鮮半島から中国、アジアへの侵略戦争も、自由主義社会を守るとの名分でアメリカが仕掛けたベトナム戦争も、ありもしない大量破壊兵器を理由にアメリカ主導で国連軍を編成しイラクに攻め入ったのも、理屈にならない大義名分を無理やり作り上げて正当化した業である。

それらのすべてに共通するのは正義の戦争である。
かくして、人間の歴史は戦争の歴史であったと言っても過言ではない。
そして、その度に、多くの命が失われるばかりではなく、国の政治経済体制を初めとして人びとの暮らしも文化、価値観や常識が根底から覆ることになる。

知る限りでは、有史以来、地球上で戦争状態でない一瞬すら無かったのではないかと思えるのだが、そうだとすれば、戦争反対などの願いなど、ほとんど絶望的に虚しいことかもしれないとも思う。
普段の生活で普通に善良に生きている人たちが、一旦兵隊として駆りだされるや敵を殺すことが使命となる。
そんなことは嫌だと考えている人たちが圧倒的に多い筈なのに、戦争が無くなることは無い。

あらゆる生物間での生存競争の中で、人類をここまで生き延びさせたのが闘争本能であり、それが戦争を起こさせるのだろうか。
そして改めてボク自身を見つめ直したとき、自分の中に善良さと邪悪さのあることに気付く。
この善良さが邪悪な欲望に負けた時に戦争が起きるのだろうか。

少なくとも、綺麗ごとや理想論では解決できそうもない問題であることは間違いない。
それでも、戦争を単なる言葉の概念ではなく、戦争がもたらして来た悲惨さや苦悩や悲しみの実態から眼を反らさずに歴史を見つめ学び、戦争とはどういうものかを知り、実感することで、戦争を否定する信念を培う努力は必要だと考える。

そんなことをしても、戦争は人間の宿命だから無駄なことだとの意見もあるだろう。
しかしである。
人の命には限りがあり、永遠の命の無いことを誰もが知っている。
これは宿命であり、別の言い方をすれば永遠の命の絶望である。

誰もが死に向かって生きている。
そして、どうせ死ぬのになぜ人は生きるのか、との問いが常に存在する。
だからこそ、命の時間を少しでも先に延ばす努力をして、その限りある命の時間をどのように、生きるのかが大切なのだ。

それと同様に、戦争が仮に人間の宿命だとしても、出来る限り戦争を起こさないように願い、平和な時代を一瞬でも永く続けようとの努力こそが求められてしかるべきである。
その意味では、死と戦争は同義語である。

いま日本の目前に戦争の危機が迫っていると思っている訳では無い。
しかし、軍事同盟の下で日本が他国との戦争に加担しているのも現実の姿である。
国家がその生存のために戦争も已む無しの空気が当たり前になって行く道筋を日本が辿っていることも事実である。
かつての敗戦によって得た不戦の決意の揺らぎが広く蔓延していくことを懸念している。
現在の日本をリードしている為政者の目指す国の形に対して大きな不安を感じるからである。

ボクたちはどう生きたいのか、どのような国や社会で生きたいのかを改めて考えて、自由に議論する必要があるのではないか。
議論を闘わせることを避けて、政治をタブー化する若者たちを創り出したのはボクたち世代の責任ではないのか。

情報の溢れる中で、何か大切な言論の封殺が行われているのではないか、などとあらぬ疑いまで持つのはボクだけだろうか。
 
  「人よりも 一箸遅れ 飯を食い」

にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR