ホーム

株式会社オルタスジャパンの代表・小田昭太郎の日記です。テレビ業界を愛し、ドキュメンタリーを愛し、にんにくを偏愛する馬鹿社長のひとりごとにお付き合いください。

自分探しの秘密

毎度ながらのお恥ずかしい与太話で。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」というのはご存じ孫子の兵法だ。
さらに「敵を知らずして己を知れば、一勝一負す。敵を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず危うし」と続く。

敵と味方の情勢について熟知していれば、何回戦っても負けることはない。
敵情を知らないで味方のことを知っているだけでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける、と説いている。

「攻撃は最大の防御なり」「先手必勝」とばかりに、かつて太平洋戦争で日本は真珠湾を先制攻撃し、国を挙げてアメリカに戦いを挑んだ。
結果は周知の通りで、日本は沖縄から本土までボコボコに叩かれ、広島と長崎に原爆まで投下され地獄を見た。
まさに「敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける」との孫子の説法通りになった訳である。

これは余りにも愚かすぎた例だが、ボクたちの日常でも同じような事例はいくつもある。
殊に、相手のことについては、調べたり、研究したりして情報を得るのだが、案外「己を知る」ことはなおざりになるケースは多いのかもしれない。

しばしば、世の中で何が信用できないと言って、自分ほど信用できないものはない、とか、自分でも自分のことが分からない、とかの表現を耳にする。
孫子が指摘しているように、それほどに「己を知る」ことはとても難しいことなのかもしれない。
だから孫子は、敵と同様に己を知ることの必要性をわざわざ強調しているのだろう。

周囲にも自分が分からないで、懸命になって「自分探し」をしている人たちを見かける。
一般的には、自分のことは自分が一番知っている筈だと思い込んでいるだけに、自分を探すとは、とても不思議なことのように思える。

本来、「自分探し」の言葉通りのテーマは、突き詰めれば、先日亡くなられた脚本家の早坂暁さんから出されている宿題である、夏目漱石の小説「門」に登場する公案「父母未生以前本来の面目を問う」を考えることになる。
お前の父や母がまだ生まれる以前のお前はいったい何者だったのか、つまり、お前は何者か、ということである。
これは禅宗の問答だからなかなかの難題だ。

しかし、いま流行っている「自分探し」はもう少し単純で分かり易い。
夢にはぐれた若者が、どこに向かって進めば良いのか分からなくなってその生き方に迷ったり、現代の世の中に渦巻く不安や恐れに立ち向かう勇気を持てず、どのように生きれば良いのか分からなくなったり、ある程度社会的な責任を全うした熟年の人たちが、何かやり残したのではないかと焦りを感じたり、等々の「自分探し」なのだろうと推測できる。
この場合の「自分探し」は自分の生き方探しである。

自分のことが分からなかったり、自分の生き方探しをするのは、結局は自分の存在そのものや本心が、行方不明になっているということだ。
四六時中、寝ても覚めても、一心同体で一緒に居るはずの自分が、どうして行方不明になったり、分からなくなったりするのだろう。
とても不思議なことである。

自分が自分のことが分からない、その理由は、人は自分の姿や心を客観視することが出来ないからだと思う。
人は、物理的に自分の全身を離れた所から見ることは出来ない。
特に、表情を表す大切な顔は自分の眼で直に見られない。

確かに、鏡や映像で見ることは出来るが、それらはあくまでも虚像であり、本物の自分ではない。
それに、鏡で自分の顔を常に見ている訳では無い。
ボクなどは風呂場でヒゲを剃る時に見る位で、それもしっかりと顔を見ることはしない。

写真や映像なども同様で、シゲシゲと自分を見る機会などほとんど皆無だ。
声にしたって同じである。

つまり、表情や仕草や癖なども含めて自分の姿を客観的に見る機会は無いに等しい。
様々な局面で自分がどんな顔をして他人と接しているのか、どんな表情や姿勢でいるのか、その姿を日常で意識することが無い。
つまりどんな人も、自分の顔や姿のことは見ていないし、知らないのだ。

それに引き替え、他人のことは良く観察している。
ボクたちが見ているのは常に他人の顔や姿なのだ。
どんな顔をしているか、時々の表情からその心の動きまでもが透けて見える。
少なくとも、他人の姿や顔のことの方が、客観視できる分、自分のそれよりも良く知っている。

心も同様だ。
自分の心の動きや考えは客観視できない。
常にそれは主観でしかない。
これは宿命である。

女優のシャーリー・マクレーンじゃないが、幽体離脱でもして、自分を離れた位置から眺めることでもしない限り、自分の客観視は絶対的に無理な話である。
もともと人は自分のことは分からない仕組みになっているということである。

だから、とボクは思う。
「己を知る」ことは自分の力では出来ない、と。
自分の事は、自分よりも他人の方が、より良く知っているに違いない、と。
それ故に「己を知る」ためには自分を知る他人や社会の眼の方が確かで、他人や社会の自分像に謙虚に耳を傾け、その見方を受け入れる方法しかないのだ、と。

いま流行の「自分探し」は、つまるところは、エゴのなせる業である。
ひらたく云えば現実からの逃避である。
しかも、狭い空間と狭い心で自分の中だけで完結しようと必死の努力を繰り返す。
このど壺に落ち込むとなかなか抜け出すことは難しいだろうと予測できる。

その意味では「己を知る」と「自分探し」とは似て非なるものである。
「己を知る」とは社会の一員として積極的に生きることであり、「自分探し」とは社会から眼を反らすことである。
これがボクの独断と偏見に満ちた自分探しの秘密である。

     「酒喰らい 己知らずで 大の字に」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



ワカサギの小骨

会社の近くに、ちょっとした中華料理店がある。

かつてフジテレビの人気番組「料理の鉄人」で初代和の鉄人、道場六三郎との戦いでも話題になった通称・炎の料理人、周富徳さんが総料理長をしていたお店である。
適度の高級感が漂っているが、庶民的な感じでボクなどの貧乏人でも気軽に出入りできるので、会社の行事やお客さんの接待などでしばしば使わせて頂いている。

プライベートでも月に一度か二度ほどの割合で昼休みのランチを食べに行く。
一品何万円もする単品料理もあるようだが、そういう高級料理はボクなどには縁は無く、もっぱら一番安い日替わりランチを注文する。

とは言っても一人2000円だから普通の定食よりは少し値が張る。
でも、仕事が丁寧で、料理には心がこもっているのが分かり、美味しいし、ボリュームもそれなりにあるのが嬉しい。
特に、デザートの杏仁豆腐は絶品だ。

今では、ボクと同年配のお店の支配人ともすっかり親しくなり、世間話をするような仲にもなっている。
いつの頃からか、食後には、定食のコースには含まれていないコーヒーが決まって出るようになった。
その支配人が居ない時でもコーヒーを出してくれるので、お店としてのボクへの決められた対応らしい。
大した上客でもないのに、と申し訳なく思いながらも、有難くそのサービスに甘えている。

お店の仕組みについては全く分からないが、もうひとり副支配人がいる。
どうやら支配人と交代での勤務らしく、副支配人が居る時は支配人の姿は見えない。

この副支配人は、中国のお茶に精通していて、彼の話によると、かれこれ20年ほど中国茶道を研究しているとのことである。
ボクたちが行くと、茶器のセットをテーブルに持って来てお茶を用意してくれる。

中国茶にも色々と種類があり、どこの地方でいつ採れたお茶か、その品質や特徴などを事細かに説明しながら、作法に従い、気長にお茶を入れてくれる。
一服の茶をおちょこほどの小さな茶碗で一番茶から四番茶まで十二分に堪能する。
そして、それぞれの味や香りの変化の楽しみ方を教えてくれる。

時には、二種類のお茶の飲み比べもさせてくれる。
ボクたちは感心しながらお茶を楽しませて頂くのだが、結構お茶でお腹が膨らむ。

これもサービスで、これまで、他の人たちでこのサービスを受けている客をボクはまだ見たことはないが、何人かの人たちがいるのだろう。
とにかく親切にしてくれて、大事にしてくれるその理由が未だに分からないままでいる。

先日、年が明けて初めてランチに行った時の話である。
数品の飲茶料理が出てくるのだが、その中に香味野菜で煮た3匹の小魚が行儀よく並んでいる一品があった。

「これは、シシャモなの?」と妻は小魚を噛みながらボクに聞いた。
「ワカサギだよ。シシャモは海の魚だけど、これは淡水魚だよ。それにシシャモはもっと大きいよ」
「シシャモと味が似てるわよ。美味しいね」
「はい、これはワカサギです」とまだ疑わしそうな顔の妻に、傍で聞いていた支配人がフォローしてくれた。

食事を終えてコーヒーを飲む頃になって、妻が楊枝を使って何やら悪戦苦闘している。
「ワカサギの小骨が歯茎に刺さったみたい。あなたは大丈夫?」

骨があるかどうかなど気付かないほどに小さな魚だった。
そう云えば、ウナギの小骨や豚足の毛などで、何度か同じような体験をしている。
余りにも細くていつも往生する。

子供の頃は、しばしばイワシなどの小骨が喉に刺さって大騒ぎしたものだ。
チクチクと喉の粘膜を刺す不快な記憶を思い出す。

「あっ!骨が刺さったみたいや。チクチクと痛いわ」
「それはえらい事やな。そしたら、ごはんを噛まんと鵜呑みしなはれ」と母は事もなげに言う。
ボクは少し多めのごはんを噛まずに無理やり喉に押し込む。

「どうや、取れたか?」
ボクは唾を呑みこんで確かめる。
「あかんわ。まだチクチクしてるわ」
「そしたら、もう一回鵜呑みしなはれ。どうや?とれたか?」
「まだ、あかんわ」

もう一回、もう一回と試しているうちに、瞬く間に茶碗一杯のごはんが空になってしまう。
「なんぼやってもあかんわ。もうお腹いっぱいや。どうしょう」というボクに
「しようがないなあ。そうやなあ、こうなったら、忘れるしかないなあ。それが一番やで」
と母は笑いながら言ったものだ。

妻はと見ると、懸命に小骨相手に格闘している。
「どうしても、取れないわ。どうしよう」と妻。
「そうやなあ。忘れるしかないなあ。それが一番やで」
ボクは母の顔を思い浮かべながら言った。

小魚と見て俺を侮るんじゃねぇよ、との5センチにも満たない、か弱きワカサギのささやかな復讐だったのかもしれなかった。

      「妻を見て 母懐かしむ 小骨かな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




年齢の不思議

自分が年寄だとの自覚を持ったのはいつのことか、フト考えた。

思い起こすと、37歳のまだまだ働き盛りの頃に、何となくではあったが、人生の曲がり角のような感覚を持ち、自分を見つめ直そうと、当時勤めていたテレビ局に無理を言って一ヶ月の休暇をとり、断食道場に入ったことがある。

道場とは言っても、一部屋とフトンだけ与えられて一ヶ月の断食をするだけで特別なことは何も無い。
その間は、水の他に口に入れるものは皆無だし、特別にやることもなく時間を費やすだけである。
部屋に鍵がある訳でもなく、屏がある訳でもない。
どこへ行こうが、何をしようが出入りは自由だが、水の他のものを口にしてはいけないだけである。

食欲の抑制もそれほどの苦痛では無かったし、体力や気力も極端には落ち込むことも無かった。
ただ、仕事も食事も無いので、一日の区切りも無く、自由な時間だけが横たわっていた。
その有り余る時間とどう向き合うのかが最大のテーマとなる。

本来は生きるために必要なエネルギー源が遮断されているので、脳も身体も異常事態を察知していたのだろうか、脳はボクに、生きるとは何か、を考えろとの指令を出すことになる。
そして生きることの意味を求める中で出会ったのが仏教の経典「般若心経」だった。

そんな諸々の体験がいったい自分にとってどんな効果をもたらしたのかは分からないが、一ヶ月近く食事をしなくても水だけで平気で生きられるし、体重にしてもわずか数キロほどしか落ちないことだけは分かった。
そして、今から思うと、それがボクの老いへの最初の自覚だったのだろうと思い当たる。

50歳の頃に始めた禁煙も同様のケースだった。
本来は体験したくない老いることに楽しみを求めるために、65歳という年齢に目標を定め、それまでの期間、大好きなタバコを止めることにした。
老いることは嫌だが、老いて65歳になれば好きなタバコが吸えるぞ、との楽しみを作ったのだった。

遥か遠い先の未来だと思っていた65歳だったが、瞬く間にその期限は来た。
そして、15~6年の禁煙後、望み通りに再び喫煙の喜びを取り戻したのだった。
どうして苦労して止めたタバコをまた吸うのかと、しばしば問われるのだが、もともと再び吸う喜びのために始めた禁煙だったのだ。
しかし、なかなかこれを理解してくれる人はいない。

改めて振り返れば、断食をした37歳の頃も、禁煙を始めた50歳の頃も、そして再びタバコを始めた65歳の頃も、老いについて真剣に考えたり、自覚していたかと問われれば疑問は残る。

実際には、ずっと自分のことを若造だと思い続けていた。
そんな若造感覚はつい昨日まであったことに気付く。
誠に恥ずかしいことだ。
恥ずかしいだけで済めばまだ良いが、実は危ないことだ。

もっとも、肉体的には、色々と自覚はある。
70歳の頃の健康診断で右耳の聴覚の高い音が聞き取れなくなった。
そして昨年、右耳に続き左耳も同様の診断結果となった。
日常生活では全く支障はないが、正確な音が聞き取れなくなっている訳だ。

凹凸のない道を歩いていて躓いたりもする。
食事の量も次第に減ってきた。
大病はしたことはないが、人並みに、白内障の手術も受けたし、糖尿や高血圧の薬のご厄介にはなっている。

そして今年は後期高齢者の仲間入りをする。
否も応も無く、いよいよ本物の年寄の筈だ。

こういうのは年齢を含め、現象として表に現れるので分かり易い。
しかし、内なる年寄の自覚は下手をすると意識することは難しい。

自分は若いつもりでいて、周囲との感覚のギャップに気付かなくなっているとしたら、それが恐い。
ボク自身はこれまで、年長の方々との付き合いが多かったので、老齢に伴う不都合や具合の悪さを直に眼にして来て知っている。
それが、いま、自分の身の事として迫ってきている。
老いの怖さと危なさに直面しようとしている。

一方で、まだまだ俺の頭は柔らかい、大丈夫だよ、との自信は正直ある。
これまでの日常での大きな判断ミスやミスリードを犯してはいないことは確かだ。
まだ行けるとの確信もある。

しかし、そういう過ちを犯す時期は徐々にではなく、突如として襲って来るのに違いないとの予感もまた同時にある。
世間で言われる老害への懸念である。

幸いなことに、自覚とは別次元で、まだスタッフの中に苦笑いや意味ありげな目配せなどの現象は見られない。
会社内の風通しも良く、スタッフたちはそれなりに言いたいことを言っている。
組織が動脈硬化を起こしていないことは確かだ。

オルタスジャパンはかつてボクが興した会社だが、今や、スタッフみんなの会社である。
それだけに、リーダーであるボクのマイナスエネルギーが少しでも組織に作用するようなことがあってはならない、との自戒の念は強い。

自分では正しいと思って過ちを犯すのが老害の正体だ。
そのための安全弁を二重三重には張ってはいるが用心に越したことはない。
理屈の上では一年に1歳づつ歳を重ねていくのが年齢だが、自分が気が付かぬうちにこっそりと忍び寄るのも年齢の不思議だからだ。

    「年齢じゃ 計りきれずに カラ元気」



にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。








サテ、新年は?

今年も無事に年が明けた。

5日には会社のスタッフと近くの日枝神社に初詣でに出かけ、大枚を納めて祈祷を受けた。
授与されたお札と破魔矢は早速、会社の神棚に祀った。

神棚と言っても正確には神棚ではない。
比叡山の親しくしていた尼僧にお願いして祀ってもらったものだから、天台宗の仏壇である。

しかし、その尼僧のおっしゃるには、神仏混交で神棚でも仏壇でも、そんなことは構うことは無い、比叡山も日枝神社もヒエで繋がっている、とのことで、密教天台宗の護摩を焚いて授与されたお札と日枝神社の祈祷を受けたお札と並べて祀っている。
何とも摩訶不思議、豪勢な神棚なのである。

破魔矢は神棚の神社の屋根に斜めに立てかけている。
以前、見た目の収まりが良いので、破魔矢の羽根の付いている方を上にしていたのだが、羽根の部分は下にして矢じりの方を上に向けなければ、運勢が下がる、とアドバイスしてくれる方が居て、それ以来、その助言に従って飾ることにした。
矢が進んでいく方向が下を向いているのは縁起が良くない、と言われてみれば、ナルホドなあ、と思えた。

事業繁栄祈願を書き入れて貰ったお札を供え、破魔矢の矢じりは上の方向に向けてはみたものの、サテ、今年のオルタスの運命は如何なるものになるのだろうか。

3月7日で会社設立30周年を迎える。
今年は平成30年なので、ボクたちは平成の世と共にその歩を進めて来たことになる。

あっ、と言う間の一瞬の出来事だったようにも思えるのだが、考えてみれば人生の最も脂の乗り切った面白味の理解できる40代からの貴重な時間だったとの実感もある。
人生は短いとの思いが重なる。

来年は平成天皇が退位して、年号が改まる。
ボクは天皇制には反対の考えを持つが、ボクたちの会社も、30周年という、この機会をキッカケとして再出発の気概に燃えている。

世の中は否応なく著しい変化を遂げている。
政治の世界も、経済も、それに伴う世界全体の社会の形も大きく変化している。
ハードもソフトも驚くばかりの変わりようで、うっかりすれば、置いてけぼりを喰らってしまう世の進み様である。
その中でボクたちはどう生き抜いていくのかが、これからの大きな課題だ。

かつて企業30年寿命説が存在し、それ以上の生き残りの難しさが語られたこともあった。
確かに、後継ぎのことも含めて、30年という時間はひとつの節目である。
ある意味、新たな命の吹き込みが欠かせない。

これからも、ドキュメンタリーというジャンルを主軸としてモノ作りに生きることは変わることはないし、高みから世の中を見るのではなくて、地べたから人びとの暮らしや世の在り方を観る視線は持ち続けなければならないとは思う。

しかし、「いま」「なぜ」という視点は常に必要である。
そのジャンルや手法はどうであれ、ボクたちが広い意味でのジャーナリストであり、表現者である限り、時代を切り取ることがその使命であり、時代に取り残されてはならないのである。

その視点さえしっかりと持っていれば、どんな時代が到来しようと、世の中がどんなに変化しようと恐れることはない。
伝統や信念を失ってはならないが、時代遅れにだけはなってはならないのだ。

ボク個人としてはテレビと共に生き、テレビと共に死ぬ、との考えを抱いてこれまで来たが、これからはもう少し大きな世界が広がって行くのだろう。
あと何年オルタスジャパンという制作の場を見ていることが出来るのかは分からないが、次に続く若い人たちの繰り広げる世界がとても楽しみである。

30周年を迎える今年を、その新しい世界への第一歩を踏み出す年にしたいものだと願っている。

      「神さまも 仏も知らぬ 明日かな」



にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

年が明けたら七変化

株主総会も無事に終え、会社恒例の忘年会も賑やかに楽しみ、年賀状書きもあと少しを残して28日仕事納めの日を迎えた。

一年の中でも12月の、時間の過ぎる速さは特別に群を抜いている。
昔からこの月が師走と言われていることを今さらながら実感する。

会社の一年の収支は、お蔭さまで僅かながらも法人税を納めることができた。
その意味では、まずまずの一年だった。

ただ敬愛する作家で脚本家の早坂暁さんの突然の死は、悲しいと言うには辛い出来事だった。
百数十人集まっていただいた会社の忘年会の冒頭の乾杯の挨拶で、わが社の専務取締役の吉岡攻が
「本来ならば、毎年ここに来られている筈の早坂暁さんの姿を見ることができないのは寂しい」
と語り哀悼の辞を述べたが、乾杯とも献杯ともつかない杯を皆で交わした。

この忘年会の翌日に早坂さんのお通夜があり、その翌日に告別式が行われ、妻と参列した。
すでに生前葬を済ませておられたので、告別式はごく少人数で行われた。

早坂さんが納められた棺を取り巻く十数人の中に控えめで、目立たないように配慮している小柄で美しい女性がいた。
妻は小声でボクに「吉永小百合さんね」とささやいた。

人前で涙を流す姿を見られるのは潔しとはしないのだが、これまでのことが色々と思い出され、どうしても溢れる涙を我慢することは出来なかった。
父親の葬儀でも流さなかった涙だった。
ボクも歳をとったのだろうか。

先生のひとつのお骨を白い箸で妻と挟んで骨壺に納めた。
「これが喉仏です」と火葬場の職員は慣れたしゃべり方で説明した。
何度となく見てきた喉仏のお骨だが、本当に人が両手を合わせて合掌しているように見える。

それまで顔かたちがあった存在が、小一時間でお骨だけになってしまう衝撃は何度体験しても慣れるということはない。
「人が怒ったり、争ったりすることが虚しいことに思えるわね」と妻は言った。
「長生きしてね」

斎場を後にしたボクたちは、早坂さんが倒れて息を引き取られたという場所に向かった。
亡くなられた当日、すき焼きを食べたい、と先生夫妻が向かわれたお店は、斎場からほど近いオペラシティーの地下にあった。

警察署の現場検証の防犯カメラに映っていた写真にならって、先生たちが歩いたであろう道を通り、写真にあったエスカレーターに乗った。
下りると広場があり、そこに雪をイメージした10メートルほどの大きなクリスマスツリーがあった。
ああ、この日はちょうどクリスマスイブだった。
写真の中で先生が両手を腰に回し、何かを仰ぎ見ていたのはこのクリスマスツリーだったのか。
その直後に先生は倒れそのまま帰らぬ人となられた。

その先に、先生が食べたいと思っていたすき焼きのお店があり、ショーウインドウにそのすき焼きが置かれていた。
先生のささやかな望みは果たせなかった、食べさせてあげたかったと思った。

そう云えば、もう1ヶ月ほど前になるが会社に訪ねて来られ、帰り際に「来週、お好きな中華を食べましょう」と約束したのだったが、それを果たせなかったのが悔やまれる。

それに、先生から多くの宿題も預ったままになっている。
余りにも沢山あるのだが、中でも夏目漱石の小説「門」に登場する公案「父母未生以前本来の面目を問う」を映像化しようという難題ある。

浅薄に云えば、お前の父や母がまだ生まれる以前のお前はいったい何者だったのか、という意味になろうか。
画家のゴーギャンは、「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」という画を描いているが、恐らく同じ意味で、それをドキュメンタリーにしよう、というのである。

ボクたちは、それを日本人論として捉え、真剣に取り組んでそれなりの企画書を作ったが、未だにテレビ局に採択されていない。
禅宗の公案の映像化は余程の知恵を必要とする。
永遠のテーマになりそうだ。

先生がお元気な間に、もっと先生から知恵を盗んでおけば良かった、と悔やむばかりである。
しかし、少なくとも、ボクがこの世から消え去るまで、早坂暁さんは生き続けることになる。
ボクのような人たちが大勢いらっしゃるだろうから、多くの人たちの中で先生は生き続けるに違いない。

そんなこんなで、刻一刻と時間が過ぎ去っていく。
そして、あっという間の1年となった。

ボクを含めて、日常生活に流される時間の中で自らの死を実感することは難しい。
ずっと生き続けることなどできないことは頭では分かってはいても、現実感を持つことができない。
また、そうでなければ人は到底生きては行けないのだろうが、それ故の愚かさも同時に手放すことが出来ないでいる。
人とは実に情けない生き物だ。
さて、また来年も同じように、平凡で馬鹿な人生の一コマを生きることにしよう。

今年は正月休みがちょっと長いので、ブログもその間休ませていただく。
それではみなさんも良いお年をお迎え下さいますように。

     「どう生きる 年が明けたら 七変化」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR